FAQ よくあるご質問

????

専修大學について

全てを表示する
1.キャンパスはどこですか?
専修大學には、神田キャンパスと生田キャンパスがあります。

神田キャンパスは、東京の中心、千代田區神田神保町に位置し、法學部の學生が通學します。
2020年4月新設の國際コミュニケーション學部は神田キャンパスへの通學となります。

生田キャンパスは、神奈川県の川崎市多摩區に位置し、新宿から電車で約20分。緑豊かな生田緑地に隣接する生田キャンパスには、経済學部、経営學部、商學部、文學部、人間科學部、ネットワーク情報學部の學生が通學します。
商學部は2020年4月より神田キャンパスへ移転予定です。
2. キャンパスは見學できますか?
専修大學の各キャンパスは、自由に見學することができます。
詳細は、「キャンパスツアー」をご覧ください。
3. 學費はどのくらいですか?
2019年度の學費一覧になります。
なお、學費(初年度納入金)には、入學金[一部全學部:200,000円、二部全學部:130,000円]が含まれています。
また、學費は、4回に分けて納入することができます。
詳細は、「學費」のページをご參照ください。

學 科金 額
一部(晝)経済學科1,224,000円
國際経済學科1,224,000円
法律學科1,224,000円
政治學科1,224,000円
経営學科1,224,000円
ビジネスデザイン學科1,224,000円
マーケティング學科1,224,000円
會計學科1,224,000円
日本語學科1,234,000円
日本文學文化學科1,234,000円
英語英米文學科1,234,000円
哲學科1,229,000円
歴史學科1,244,000円
環境地理學科1,259,000円
ジャーナリズム學科1,239,000円
心理學科1,327,000円
社會學科1,247,000円
ネットワーク情報學科1,424,000円
二部(夜)経済學科755,500円
法律學科755,500円
マーケティング學科755,500円
4. 奨學金制度はありますか?
専修大學では、“學びたい”という熱意にこたえるため、學術奨勵や経済援助等を目的とした様々な奨學金制度を設けています。
詳しくは、入學ガイドまたは本學ホームページをご參照ください。

詳細はこちら> 奨勵?奨學生制度
5. クラブやサークルはどのような種類がありますか?
専修大學には、文化系?體育系あわせて約200のクラブ?サークルがあります。

詳細はこちら> サークル紹介

ここに名前の無いサークルも沢山存在します。入學した際に、自分にピッタリなサークルを探しましょう!
6. 學生寮はありますか?
一般學生を対象とした學生寮はありませんが、専修大學購買會では、協力會社によるアパート?マンション、食事付き學生會館、家具家電付き物件等の紹介を行っています。
詳しくは、専修大學購買會にお問い合わせください。

専修大學購買會 TEL:044-911-1097 購買會ホームページ(外部サイト)
7. 資料はどこでもらえますか?
入學ガイド、入學試験要項?願書につきましては、「願書?資料請求」のページをご覧ください。

また、その他の資料につきましては、入學センターインフォメーションにお問い合わせください。

入學試験について

全てを表示する
1. 解答方式について教えてください。
一般入學試験の解答方式には、マーク解答方式と記述解答方式があります。
2019(平成31)年度入學試験における各科目の解答方式は、下表のとおりです。
 科 目 マーク式 記述式
英語
國語
日本史
世界史
政治?経済
地理
數學
倫理
総合英語
數學(ネットワーク情報學科F方式)
文學部日本文學文化學科?英語英米文學科?哲學科?歴史學科?ジャーナリズム學科、人間科學部社會學科のみ選択可
2. 選択科目によって有利?不利はありますか?
一般入學試験の選択科目の得點は、特定の科目だけが有利になったり、不利になったりしないよう補正しています。したがって、選択科目については最も得意とする科目で受けることが最善の策と言えます。
3. 選択科目を試験當日に変更できますか?
選択科目は、出願時に登録してもらいますが、試験當日、変更して受験することができます。
4. 基準點を設けていますか?
一般入學試験(前期入學試験)のネットワーク情報學科 2教科數學重視(F方式)は、英語受験者における得點が上位85%以內の場合を合格判定対象とします。(英語の得點が下位15%以下の場合は合格判定の対象となりません。)
これら以外の試験では基準點を設けませんが、各科目に平均した力を発揮することが大切です。
5. 學部?學科ごとに出題の傾向は違いますか?
本學の一般入試は、學部?學科に関わらず試験日ごとに共通の問題です。したがって、同一試験日の同一科目であれば、同じ問題になります。
ただし、英語英米文學科E方式の「総合英語」、ネットワーク情報學科F方式の「數學」は、獨自の問題を使用します。

なお、ネットワーク情報學部の一般入學試験(全學部統一入學試験?學部個別入學試験(A方式)?後期入學試験)の國語については、現代文のみを判定に使用します。
また、二部(夜)では國語と數學の範囲が一部(晝)と異なります。
6. 英語単獨(英語英米文學科E方式)の「総合英語」とはどんな內容の試験ですか?
「総合英語」は、通常の英語の試験〈3教科同一配點(A方式)〉とは異なり、英語の解釈力や推論力など英語の応用力?活用力を問う試験です。問題のレベルは、3教科同一配點(A方式)とほぼ同様で、高校3年生までの英語の基礎學力を身につけていれば解答できるものです。しかし、英語の文法?構成?語彙を知識として覚えているだけでなく、実際に活用?運用して正しく読解し、表現する力を問う問題が出題されます。
7. ネットワーク情報學科の國語の出題範囲を教えてください。
國語の問題は、現代文、古文、國語常識の3問題で出題されますが、ネットワーク情報學科の一般入學試験(スカラシップ?全國入試を除く)は、現代文のみを判定に使用します。

ただし、同一試験日內で他の學科を併願する場合は、古文、國語常識まで解答する必要があります。
8. 地元での受験はできますか?
大學入試センター試験利用入學試験(前期入學試験?後期入學試験)はもちろん、一般入學試験(スカラシップ?全國入學試験、前期入學試験、後期入學試験)でも、全國各地に會場を設けているので、地域によって地元受験が可能です。

詳細は?こちら?をご覧ください。
9. 入學試験要項(願書)はどうすれば入手できますか?
大學入試センター試験利用入學試験?一般入學試験については、「WEB出願」のみとなります。入學試験要項は、本サイト(學部入試情報)で確認してください。(10月公開予定)

※推薦?特別入學試験については、入學試験要項(願書)が必要になります。
10. 受験料はいくらですか?
「大學入試センター試験利用入學試験」は1試験目17,000円、2試験目0円、3試験目以降は9,000円になります。「一般入學試験」は1試験32,000円。同一試験日の2試験目は15,000円、3試験目以降は10,000円になります。(試験日が異なる場合は適用されません)

詳細は、本サイト(學部入試情報)でご確認ください。
特別?推薦入學試験は35,000円になります。(WEB出願はできません))
11. インターネットから出願ができますか?
大學入試センター試験利用入學試験?一般入學試験については、WEB出願のみとなります。
入學試験要項は、本サイト(學部入試情報)で確認できますので、願書は不要です。
詳細は、本サイト(學部入試情報)でご確認ください。
(※推薦?特別入學試験については、紙の入學試験要項(願書)が必要になります)
12. WEB出願以外の方法はありますか?
ありません。平成29年度入學試験より、紙の願書による出願は廃止となりました。
ただし、推薦?特別入學試験については、従來通り紙の願書のみの対応となります。
13. 併願はできますか?
大學入試センター試験利用入學試験(前期入學試験?後期入學試験)は、學科?方式が異なれば併願が可能です。 また、一般入學試験內でも併願が可能です。ただし、以下については同一試験日內での併願ができません。

【併願のできない制度および方式について】
1)同一日のスカラシップ入學試験內は1學科のみ出願可
2)英語英米文學科E方式、ネットワーク情報學科F方式に出願する場合、同一日の他の試験方式への出願は不可
3)前期入學試験(學部別個別入學試験)で選択科目「倫理」を選んだ場合、文學部日本文學文化學科?英語英米文學科?哲學科?歴史學科?ジャーナリズム學科、人間科學部社會學科以外への出願は不可
14. 英語外部試験を入試に利用することはできますか?
一般入學試験(前期入學試験)では、 指定された英語外部試験の基準スコアに応じ、本學の試験科目「英語」の得點を80點もしくは100點に換算します。 その場合、本學の試験科目「英語」の受験は必要ありませんが、受験した場合はどちらか得點の高いほうを判定に使用します。
15. 合格発表はどのように行われますか?
各試験の発表日に、合格者には合格通知書と入學手続関係書類を郵送します。また、補助的な確認手段としてインターネットによる合否案內も行います。

(注)試験會場周辺で行っている委託電報?電話による合?否の連絡は、大學とは関係ありません。
トラブルに巻きこまれないようご注意ください。
16. 入學手続の延期はできますか?
入學手続の延期を希望する場合、本學の入學手続期限日までに入學申込金を振り込み、入學手続延期願を提出することにより、以下の入學試験について延期することができます。

1) 大學入試センター試験利用入學試験(前期入學試験)
2) 一般入學試験(全國入學試験、全學部統一入學試験、學部個別入學試験、後期入學試験)

ただし、入學申込金は、すべての入學試験について返金できません。

特別入學試験については、入學試験要項でご確認ください
17. 入學後の転部?転科はできるのでしょうか?
入學してからどうしても學部?學科を変更したい場合、1年次から2年次に進級するときに願い出ることができます。學部によって條件は異なりますが、共通して言えることは、修得単位および學業成績が基準となります。そのうえで、試験を行い合格した場合のみ転部科を許可しています。

推薦?特別入學試験制度について

全てを表示する
1. 指定校制推薦入學試験はどんな試験を行いますか?
指定校制推薦入學試験の選考方法は書類審査のみとなります。小論文や面接などの試験は行いません。
2. 現役生以外で受験できる推薦入學試験はありますか?
経営學部ビジネスデザイン學科の公募制推薦入試があります。
さらには、推薦入學試験ではありませんが、AO入試(法學部)AO入試(ネットワーク情報學部)AO入試(経済學部國際経済學科)も受験可能です。
3. 公募制推薦入學試験の過去問題はどうすれば入手できますか?
オープンキャンパス入學センターインフォメーションでお渡ししています。また 、全國で開催される進學相談會でも本學のブースで閲覧できます。
オープンキャンパスや進學相談會の日程などは、本サイト(學部入試情報)でご確認ください。
4. 公募制推薦入學試験で不合格だった場合、大學入試センター試験利用入學試験や一般入學試験を受験できますか?
受験できます。なお、公募制推薦入學試験の不合格が、大學入試センター試験利用入學試験や一般入學試験への出願および合否に影響することはありません。
5. AO入試は実施していますか?
経済學部國際経済學科法學部國際コミュニケーション學部異文化コミュニケーション學科およびネットワーク情報學部で実施します。各詳細については、入學試験要項および本サイト(學部入試情報)でご確認ください。
AO入試要項は、無料送付を行っています。
6. 面接はどのような內容ですか?
試験制度やその年度によっても若干異なりますが、高校生活、本學への志望理由の他、社會情勢や時事問題に関することを問う場合もあります。普段から新聞を読むなどして、社會の問題に関心を持ち、自分の考えを持つようにしておくことも対策のひとつでしょう。


久久亚洲国产中文字幕