人間科學部

専門分野を突き詰めていく、刺激的な學問體験。
2010年に創設された人間科學部は、心の研究を中心とする心理學科と、集団生活やその環境を研究する社會學科によって構成されています。新しい學部ではありますが、前身は1966年に創設された文學部人文學科で、心理學科は心理學コース、社會學科は社會文化コースとして始まり、50年を超える歴史を有しています。両學科ともに実験や実習を重視し、専用コンピュータルームや実験室、実習室などの教育研究施設は國內でも屈指の充実度です。
この環境のもと科學的、実証的に人間の理解をめざし、心と社會に生まれる様々な現象のメカニズムを解明し、主體的に社會を支え活動できる、高度な専門性を備えた人材を養成していきます。

學科

心理學科
基礎心理學と臨床心理學、
偏りなく幅広い領域をバランスよく學べる。
社會學科
社會に抱いた疑問は、
自らフィールドへ出て解決策を探求する。
人間科學部のゼミナール
討論?文獻輪読?プレゼンテーションなど學生が主體的に參加する授業で、心理學科は3年次、社會學科は2年次より履修可能です。
人間科學部の卒業後の進路就職支援
心理學科は大學院進學者が多く、社會學科は多様な進路が広がっています。
國家資格「公認心理師」への対応について
心理の専門家として活躍できる新たな國家資格「公認心理師」が誕生します。
本學人間科學部心理學科および大學院文學研究科心理學専攻では、今後発表される內容に注視しながら、國家資格「公認心理師」への対応を図っていきます。

內側から外側から人間を見きわめる

人間科學部長 嶋根 克己
人間を內側(心)と外側(社會)からサイエンスする。それが人間科學部です。人間の行動を突き動かす心のメカニズムを學ぶ心理學。人間社會の構造と機能を分析する社會學。心理學は実験と臨床、社會學は社會調査というそれぞれのアプローチで事実を証明していきます。本學部はこうした研究をきめ細かな少人數教育で行ってきました。

文學部設立に端を発する両學科には、すでに50年を超える歴史があります。2020年には學部設置10周年を迎えます。私の役目は、學部の特徴を生かした教育をさらに推進し「専大で4年間過ごしてよかった」と思う學生を一人でも増やすこと。この使命にまい進していきます。
大學は、正解のない問いに対して自分自身で回答を探究する場です。自分で問題を設定し、情報を幅広く収集し、解決方法を徹底的に考え抜く。それを口頭で発表し、最後に論文にする。學生にはこれら一連の探求課程をしっかり身につけてほしいと思います。こうしてまとめあげた論文には學生自身の人柄や生き方が表れます。
自分はどうしてほかの人と同じように考えたり感じたりすることができないのか――。私は子どもの頃からその違和感に悩みました。10代で出身の名古屋から東京に移り住み、環境の変化によるカルチャーショックを受けました。これらが社會學を學ぶきっかけとなりました。

大學3年の時、オートバイを運転していて大型トラックにはねられ全治3カ月の重傷を負いました。はねられた瞬間、それまでのすべての人生のシーンがフラッシュバックする「臨死體験」を経験、生と死は紙一重だということに気づかされました。日々生きるということは一歩々々死に近づくということ。そのような最期を迎えた人々を人間はどのように見送るのか、社會學的な視點で研究することが私のライフワークになりました。

學生には何事にもとらわれず、強さと知性、柔軟性を持って人生に立ち向かってもらいたいと思います。學生時代に積んだ経験は、一生を通じて人生を支えてくれるはずです。
人間科學部長 嶋根 克己
2018年9月掲載

人間科學部 DATA

(2019.5月現在)

取得できる學位

學士(心理學?社會學)

人數

教員數(専任者)
入學定員數
學生數
30名
心理學科72名 社會學科122名
心理學科316名 社會學科562名

學生男女比

心理學科
男:41% 女:59%
社會學科
男:45% 女:55%

取得可能な資格

心理學科

?中學校教員免許(社會)?高校教員免許(公民)?司書?司書教諭?學校司書?學蕓員?認定心理士?産業カウンセラー(受験資格)?睡眠改善指導者(受験資格)


社會學科

?中學校教員免許(社會)?高校教員免許(地理歴史、公民)?司書?司書教諭?學校司書?學蕓員?社會調査士

教育研究上の目的と3つのポリシー

全てを表示する
教育研究上の目的

人間科學部の目的


人間科學部は、実験、観察及び調査を軸として、科學的及び実証的に人間の理解を目指し、人間の心と社會に生起する様々な現象のメカニズム(因果関係)を解明する領域を総合的に學び、主體的に社會を支え活動できる人材及び高度な専門性を備えた人材を養成することを目的とする。

心理學科

心理學科は、心理學の様々な領域で蓄積されてきた知識と理論(「知」)及び研究方法(「スキル」)を実習を通して修得させることにより、現代心理學の持つ批判的、分析的かつ主體的な人間行動理解に到達させることを目標とし、もって心理學実務家、心理學研究者その他の修得した心理學を社會に還元できる人材を養成することを目的とする。

社會學科

社會學科は、人々の生活の場を主要な研究及び學問の領域とし、そこに現われてくる人間の行為や意識、社會関係や組織などの実態と現代社會の構造及び問題性を明らかにすることを目標とし、社會狀況を適確に判斷し、著実に活動できる人材を育成すると同時に、學問の発展に寄與する人材を養成することを目的とする。
ディプロマ?ポリシー(卒業認定?學位授與の方針)
本學部の心理學科、社會學科がそれぞれに規定する所定の卒業要件単位を學則で定める在籍期間中に修得することによって、幅広い教養と豊かな人間性を有し、専門分野に関しては、実験?観察?調査を軸として、科學的?実証的に人間の理解を目指し、人間の心と社會に生起するさまざまな現象のメカニズム(因果関係)を解明する領域を総合的に學び、主體的に社會を支え活動できる能力を養い、高度な専門性を身に付けた者に対し、心理學科では學士(心理學)の、社會學科では學士(社會學)の學位を授與します。

心理學科

(1)文化?歴史?社會、自然などについて幅広い教養を身に付け、社會生活上の諸課題に取り組むための多様な視點を有している。(知識?理解、関心?意欲?態度)
(2)心理學のさまざまな領域で蓄積されてきた知識と理論を修得している。(知識?理解)
(3)人間行動の理解のために、研究機器の利用方法をはじめとしてさまざまな実証的研究の手法を修得している。(技能?表現)
(4)現代心理學の持つ批判的、分析的かつ主體的な人間行動理解に基づき、知見や技能を活用することができる。(関心?意欲?態度)
(5)未解決の問題を発見し、それを適切な方法で解決することができる。(思考?判斷)

社會學科

(1)社會學のさまざまな領域で蓄積されてきた知識と理論を修得し、個人的な問題が社會の諸制度とのかかわりの中で生じていることを理解できる。(知識?理解)
(2)社會的行為と制度の理解のために、社會調査の手法をはじめとしてさまざまな科學的?実証的研究の方法を修得するとともに、自らの思考を文書や口頭によって分かりやすく伝えることができる。(技能?表現)
(3)諸社會が有する文化や価値の多様性に関心を持ち、他者理解を深めることができる。(関心?意欲?態度)
(4)社會における実踐的な課題について、上記の能力を総合的に駆使して思考し、分析することができる。(思考?判斷)
カリキュラム?ポリシー(教育課程編成?実施の方針)
人間科學部では、教育研究上の目的及び養成する人材の目的を達成するために、教育課程を「転換?導入科目」、「教養科目」、「外國語科目」、「専門科目」の4つの科目群から構成することとし、教育課程全體の體系性?順次性を確保し、かつ教養教育と専門教育の有機的連攜を図ります。

心理學科

(1)教育課程
  • 「転換?導入科目」、「教養科目」、「外國語科目」では、中央教育審議會答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具體的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
  • 「転換?導入科目」は、専門的な知識?技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視點をもつための基礎となる內容を學ぶとともに、大學で學ぶときだけではなく、生涯學ぶうえで社會においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
  • 「教養科目」及び「外國語科目」は、學部?學科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識?技能を學び、異なる視點から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
  • 「専門科目」では、基礎?基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位數等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。
(2)學位授與の方針を踏まえた教育課程編成の方針
①人類の文化や社會、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。
②心理學研究の基礎となる理論や知識の修得とともに、研究機器利用をはじめとするさまざまな実証的研究の手法を修得するための科目を配置します。
③人間行動を批判的、分析的に理解する知識を修得するとともに、現代心理學の知見や技能を主體的に活用する能力を修得するための科目を配置します。
④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識?能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。
(3)學位授與の方針を踏まえた教育課程実施の方針
①學位授與に求められる體系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観點を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入學者が自ら學修計畫を立て、主體的な學びを実踐できる內容とし、キャリア教育は、卒業後も自律?自立して學習できる観點を踏まえた內容としています。
②知識の理解を目的とする教育內容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度?志向性及び技能の修得を目的とする教育內容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育內容は、実習形式や実踐形式を交えた授業形態を採ります。
③學修者の能動的な學修への參加を促すために、教室內でのグループ?ディスカッション、ディベート、グループ?ワーク等をはじめとする能動的學修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同學習、ケーススタディなどによる発見學習、調査學習、體験學習を導入します。
④教育課程編成?実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、體系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。
⑤年次やセメスターごとの教育內容の全體が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、學生が學習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位數を明示することとしています。
(4)教育內容?方法
1.転換?導入科目
「転換?導入科目」は、専修大學の入門?基礎科目として位置づけられています。高等學校段階の教育と大學での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人數演習形式の「専修大學入門ゼミナール」を配置し、社會知性の開発を目指す専修大學の學生としての自覚と心構えを持ち、大學での學修に求められる最低限の読解力?思考力?プレゼンテーション力?文章力などの技能や能力を身に付けます。
また、専門的な知識?技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視點をもつための基礎となる內容を學修すると同時に、大學で學ぶときだけではなく、生涯學ぶうえで社會においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議會答申などで指摘されている「學士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科學」など、7科目12単位を配置しています。
2.教養科目
「教養科目」は、「人文科學基礎科目」、「社會科學基礎科目」、「自然科學系科目」、「融合領域科目」、「保健體育系科目」から構成しています。各學部?學科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識?技能を學び、異なる視點から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科學基礎科目」、「社會科學基礎科目」、「自然科學系科目」では、特に、文化?歴史?社會、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視點からの総合的な學習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健體育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、學部?學科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、93科目198単位を配置しています。
3.外國語科目
「外國語科目」は、英語をはじめとする外國語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社會について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外國語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入學時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人數クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外國語については、多くの學生が初めて學ぶ科目であることを踏まえ、初級?中級?上級とそれぞれの學習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化?多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を學ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。
4.専門科目
  • 専門科目では、心理學のさまざまな領域で蓄積されてきた知識と理論を修得するために、必修科目「心理學概論」「臨床心理學概論」をはじめ、選択必修科目、選択科目を通じて、心理學を學ぶすべての學生が身に付けるべき基本的な素養を身に付けます。
  • 人間行動の理解のために、1年次及び2年次で少人數のグループで行う実験?実習科目「心理學基礎実験1(心理學実験)」、「心理學基礎実験2」を通してさまざまな実証的研究の手法を修得します。
  • 現代心理學の持つ批判的、分析的かつ主體的な人間行動理解のために「心理學講読1」「心理學講読2」を配置し、「心理學データ解析基礎1(心理學統計法)」「心理學データ解析基礎2」「心理學データ解析応用1」「心理學データ解析応用2」「心理學コンピュータ実習1」「心理學コンピュータ実習2」「心理実習1」「心理実習2」を通して知見や技能を主體的に身に付けます。
  • 3年次、4年次の「心理學実験演習1」「心理學実験演習2」により、未解決の問題を発見し、適切な方法によって解決することを學修します。全員が少人數でのゼミ形式の授業に參加することで心を研究する學問知とフィールド知の雙方向性を理解します。そして、學修の成果を、自らが行う研究活動として結実させ、論文にする卒業論文の作成を行い、心理學の知見や技能を社會に還元することのできる資質の涵養に努めます。
(5)學修成果の評価方法
  • 教養科目から8単位を修得したことをもって、文化?歴史?社會、自然などについて幅広い教養を身に付け、社會生活上の諸課題に取り組むための多様な視點を有していると評価します。
  • 専門科目の必修科目「心理學概論」「臨床心理學概論」4単位、選択必修科目32単位、及び選択科目20単位の修得をもって、心理學のさまざまな領域で蓄積されてきた知識と理論を修得していると評価します。
  • 専門科目の必修科目「心理學基礎実験1(心理學実験)」「心理學基礎実験2」6単位の修得をもって、実証的研究の手法を修得したと評価します。
  • 「心理學実験演習1」「心理學実験演習2」8単位及び卒業論文8単位の修得により、未解決の問題を発見し、適切な方法によって解決し、その知見や技能を活用することができると評価します。
  • 「卒業論文」を口述試験も行い評価することにより、卒業認定?學位授與の方針に掲げる全ての資質や能力が身に付いたことを総合的に評価します。

社會學科

(1)教育課程
「転換?導入科目」、「教養科目」、「外國語科目」では、中央教育審議會答申などで指摘されている重要性や意義を踏まえるとともに、養成しようとする知識や能力を明確にしたうえで、具體的な教育目標を立て、その教育目標に対応する科目群から編成しています。
「転換?導入科目」は、専門的な知識?技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視點をもつための基礎となる內容を學ぶとともに、大學で學ぶときだけではなく、生涯學ぶうえで社會においても必要とされる基礎的な力を身に付けることとしています。
「教養科目」及び「外國語科目」は、學部?學科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識?技能を學び、異なる視點から問題にアプローチすることで、多面的なものの見方の基礎を養成することとしています。
「専門科目」では、基礎?基本を重視し、専門の骨格を正確に把握させるとともに、科目間の関係や履修の順序、単位數等に配慮し、系統性と順次性のある教育課程の編成としています。
(2)學位授與の方針を踏まえた教育課程編成の方針
①人類の文化や社會、自然など共通に求められる幅広い知識の修得及び様々な角度から物事を見ることができる能力を修得するための科目を配置します。
②社會學のさまざまな領域で蓄積されてきた基礎的な理論の修得とともに、社會的行為と制度を理解することができる能力を修得するための科目を配置します。
③社會調査の技法を修得するとともに、理論的?実証的研究の方法を活用して、社會における実踐的な課題を分析する能力を修得するための科目を配置します。
④課題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析するとともに、修得した知識?能力を活用し、問題を解決する能力を修得するための科目を配置します。
(3)學位授與の方針を踏まえた教育課程実施の方針
①學位授與に求められる體系的な教育課程の構築に向けて、初年次教育、教養教育、専門教育、キャリア教育等の観點を踏まえた編成としており、特に、初年次教育は、多様な入學者が自ら學修計畫を立て、主體的な學びを実踐できる內容とし、キャリア教育は、卒業後も自律?自立して學習できる観點を踏まえた內容としています。
②知識の理解を目的とする教育內容は、講義形式を中心とした授業形態を採るとともに、態度?志向性及び技能の修得を目的とする教育內容は、演習形式による授業形態を採ることとし、理論的な知識や技能を実務に応用する能力を身に付けることを目的とする教育內容は、実習形式や実踐形式を交えた授業形態を採ります。
③學修者の能動的な學修への參加を促すために、教室內でのグループ?ディスカッション、ディベート、グループ?ワーク等をはじめとする能動的學修を導入するとともに、問題解決能力や批判的思考力を養うために、教室外での共同學習、ケーススタディなどによる発見學習、調査學習、體験學習を導入します。
④教育課程編成?実施の方針が、教育研究上の目的や人材養成の目的を達成するという目的のもとに策定され、かつ、教育課程の編成において、體系性と順次性が明確であることを示すために、授業科目の系統性を示す科目ナンバリングを導入します。
⑤年次やセメスターごとの教育內容の全體が俯瞰でき、時系列に沿った到達目標が理解できることで、學生が學習目標に沿った適切な授業科目の履修が可能となるように、卒業後の進路を踏まえた典型的な履修モデルを整備するとともに、CAP制の意義を踏まえ履修登録単位數を明示することとしています。
(4)教育內容?方法
1.転換?導入科目
「転換?導入科目」は、専修大學の入門?基礎科目として位置づけられています。高等學校段階の教育と大學での教育を接続させるための初年次教育としての目的を重視して、少人數演習形式の「専修大學入門ゼミナール」を配置し、社會知性の開発を目指す専修大學の學生としての自覚と心構えを持ち、大學での學修に求められる最低限の読解力?思考力?プレゼンテーション力?文章力などの技能や能力を身に付けます。
また、専門的な知識?技能とそれに基づく思考方法や地球的視野からの視點をもつための基礎となる內容を學修すると同時に、大學で學ぶときだけではなく、生涯學ぶうえで社會においても必要とされる基礎的な力を身に付けるために、中央教育審議會答申などで指摘されている「學士力」を意識し、「データ分析入門」、「キャリア入門」、「あなたと自然科學」など、8科目14単位を配置しています。
2.教養科目
「教養科目」は、「人文科學基礎科目」、「社會科學基礎科目」、「自然科學系科目」、「融合領域科目」、「保健體育系科目」から構成しています。各學部?學科の専門教育を相対化し、専門教育の範囲を超えた広い領域の知識?技能を學び、異なる視點から問題にアプローチすることを目的としています。「人文科學基礎科目」、「社會科學基礎科目」、「自然科學系科目」では、特に、文化?歴史?社會、自然など幅広い教養を身に付けることを目的としています。また、「融合領域科目」は、基礎的な知識や技能を背景として、専門教育以外の異なる視點からの総合的な學習経験と創造的思考力の涵養を目指すものです。「保健體育系科目」は、自身の健康やスポーツへの理解を深める目的にとどまらず、自己管理力やチームワークなども養成する目的を有しています。これらの科目は、學部?學科を超えた普遍性の理解を基本理念とし、多面的なものの見方の基礎を養成することから、93科目198単位を配置しています。
3.外國語科目
「外國語科目」は、英語をはじめとする外國語の運用能力を獲得し、適切なコミュニケーションを行うことで、世界の文化や社會について理解を深め、幅広い視野からさまざまな問題に取り組む力を身に付けることを目的としています。英語のうち、1年次及び2年次に履修する、外國語の基礎的な運用能力の獲得と適切なコミュニケーション能力の養成を目的とした科目は、入學時に行うプレイスメントテストに基づいた習熟度別の少人數クラスを編成し、レベル別の授業とすることで、能力の向上を目指しています。英語以外の外國語については、多くの學生が初めて學ぶ科目であることを踏まえ、初級?中級?上級とそれぞれの學習段階での到達目標を明確にしたレベル別の授業としています。また、異文化?多文化への理解を深めるために、講義形式で世界の諸地域の言語とその背景となる文化を學ぶ科目を含めて、181科目263単位を配置しています。
4.専門科目
  • 専門科目では、社會學のさまざまな領域で蓄積されてきた知識と理論を修得するため、社會學科の専門教育課程編成を構成する三つの系(文化?システム系、生活?福祉系、地域?エリアスタディーズ系)に即しつつ、実証的かつ體系的な學修、研究指導をおこないます。そうした方針のもと、「社會調査実習A」、「文獻研究A」、「専門ゼミナールA?B」と卒業論文は必修科目とします。また、配當年次については、科目間の関係や履修の順序などに配慮して體系的な履修が可能となるように配當しています。
  • 社會的行為や制度について科學的?実証的に研究する方法を修得するため、社會調査の実習授業(「社會調査実習A?B」)を少人數指導の形式(10人程度を目安とするクラス)で開講します。「社會調査実習A?B」では、自らの思考を文書によって伝える技術?表現を育成するため、調査の成果を報告書として刊行します。
  • 社會調査に主體的、能動的にのぞむのにふさわしい知識や能力を身に付けるため、社會調査法科目群(「社會調査の基礎」、「調査設計と実施方法」、「データ分析法実習」、「統計學実習」、「多変量解析法実習」、「質的分析法」、「社會調査実習A」)を體系的に配置します。
  • 社會學の理論や方法論についての理解を深め、かつ、その知識を文書や口頭で伝え、議論する力を育成するため、文獻の精読やディスカッションを中心とする演習授業(「文獻研究A?B」)を少人數指導の形式(10人程度を目安とするクラス)で開講します。
  • 諸社會が有する文化や価値の多様性への関心を高めるため、年度ごとに3つのテーマを設定し、そのテーマに精通した學者や実務家を學外から講師として招いた講義科目(「社會學特殊講義A?B?C」または「社會學特殊講義D?E?F」)を開講します。
  • 専門科目を中心とする教育內容を、総合的に駆使して、社會における実踐的な課題について思考し、分析することができる能力を修得するため、「専門ゼミナールA?B」を少人數指導の形式(10人程度を目安とするクラス)で開講します。社會學科の全學生は、2年次の後期に、各自の関心や問題意識にもとづき所屬ゼミナール(擔當教員)の選択を行ない、3年次の「専門ゼミナールA」と4年次の「専門ゼミナールB」において、同じ教員による一貫した指導を受けながら、各自が主體的に研究に取り組み、卒業論文を執筆します(必修)。
(5)學修成果の評価方法
  • 教養教育課程の科目から9単位、および専門教育課程の選択科目24単位の修得をもって、諸社會が有する文化や価値の多様性に関心を持ち、他者理解を深めることができると評価します。
  • 専門教育課程の必修科目「社會學原論1?2」4単位および選択必修科目28単位の修得をもって、社會學のさまざまな領域で蓄積されてきた知識と理論を修得し、個人的な問題が社會の諸制度との関わりの中で生じていることを理解できると評価します。
  • 専門教育課程の必修科目「社會調査の基礎」、「調査設計と実施方法」、「データ分析法実習」6単位、および選択必修科目「社會調査実習A」または「文獻研究A」4単位の修得をもって、社會調査の手法をはじめとしてさまざまな科學的?実証的研究の方法を修得するとともに、自らの思考を文書や口頭によって分かりやすく伝えることができると評価します。
  • 専門教育科目の必修科目「専門ゼミナールA?B」8単位、および「卒業論文」8単位の修得をもって、社會における実踐的な課題について思考し、分析することができると評価します。
  • 「卒業論文」を複數教員による査読と口述試験によって評価することにより、卒業認定?學位授與の方針に掲げる全ての資質や能力が身についたことを総合的に評価します。

アドミッション?ポリシー(入學者受入れの方針)
人間科學部は、卒業認定?學位授與の方針および教育課程編成?実施の方針に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識?技能、能力、態度を備えた人を求めます。

心理學科

(1)高等學校の教育課程を幅広く修得している。
(2)高等學校に至るまでの履修內容のうち、「國語」と「英語」において、聞く?話す?読む?書く、という基礎的な能力を身に著けており、併せて、「數學(II、B)」の基礎知識に基づいて數理的分析を行い、その結果から事象を論理的に考察する思考を身につけている。
(3)人間性の理解をめざし、人間の意識や行動、それをもたらす精神活動や心理的機能について學ぼうとする強い意志を持っている。
(4)心理學と関連する、生理學?精神醫學?人文科學?自然科學?社會科學等の専門分野に対して広く関心をもっている。
(5)心理學のさまざまな領域で蓄積されてきた研究成果や理論の修得、及び、実証科學としての心理學の研究方法について実習を通して體得し、卒業後は、社會に役立つ人材として活躍する強い意欲を持っている。

社會學科

(1)高等學校の教育課程を幅広く修得している。
(2)高等學校までの履修內容のうち、「國語」と「英語」の両方において、聞く?話す?読む?書く、という基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
(3)高等學校までの履修內容のうち、科學的思考力の基礎として「數學(I、A、B)」において、確率?統計にかかわる知識を身につけている。
(4)高等學校までの履修內容のうち、「地理歴史(世界史?地理?日本史)」において、グローバル化する現代社會の多様性とその歴史的前提を理解するために必要な知識を身につけている。
(5)社會への寄與を念頭に、そのために社會學を學び、その高度な専門性を応用したいという意欲がある。
(6)必要な知識を身につけるための講義?実習?演習に最後まで取り組むことができる。
2021人間科學部パンフレット表紙
人間科學部パンフレット
久久亚洲国产中文字幕