哲學科

世界各地の哲學を広く、深く學び、
蕓術やアート、宗教や社會など文化一般も広く學ぶ。
哲學科では、高校までなかった科目「哲學」を身近に感じてもらえるよう、1年次には哲學科の教員全員が交替で哲學の考え方を分かりやすく解説していきます。また、西洋やインド、中國、日本などの各地の哲學を広く、深く學ぶための講義群、ならびに、蕓術やアート、宗教や社會など文化一般について広く學ぶための講義群を多數用意。「こんなことも哲學になるのか」という驚きとともに學べるように、自分の學びたい分野を見つけやすいカリキュラム編成になっています。ゼミナールを中心とした少人數教育の場で、自分の考えを言葉で表し、相手に伝えることに挑んでいきましょう。そこで得た思考の方法と基礎體力は、社會に出たときの力強い味方になってくれるはずです。

學びの特徴

哲學を広く深く學ぶ
哲學を広く深く學ぶ
「なぜ感情は生まれるのか」「なぜ時間は流れるのか」「なぜ美術や音楽を美しいと感じるのか」。こうした問題を、地域や時代はもちろん、蕓術やアート、宗教や社會など様々な角度から広く深く學びます。
全員がゼミナールに所屬
全員がゼミナールに所屬
1年次からゼミナールが始まり、「専門入門ゼミナール」では大學で學ぶための方法のトレーニングやディスカッションを通して哲學の基本となる思考の方法を學びます。
卒業論文をめざして
卒業論文をめざして
専門ゼミナールは2 年次からスタートし、4 年次の卒業論文に向けて研究を進めていきます。意欲さえあれば複數のゼミを履修することも可能です。
文學部 哲學科 學びの特徴


學びの仕組み

哲學の入口を重視
1年次に必修の「哲學の手ほどき」という科目を設けています。専任教員が交替でそれぞれの研究分野について分かりやすく解説するため、哲學科で何が學べるか、自分の興味のある分野がどこにあるかを確かめることができます。
哲學の基本的知識をしっかりと
「哲學概論」「倫理學概論」「西洋哲學史」「日本思想史」など、哲學という學問の全體像がすっきりと把握できる科目が1,2年次に開講されています。
蕓術思想を學ぶ科目を充実
蕓術思想を専門とする専任教員による、「日本の伝統蕓能」などの科目から、蕓術について學ぶ道筋があります。サブカルチャーや映畫?演劇?美術など現代のアートにふれる科目も充実させています。
現代の課題を幅広くカバー
思想のトレンドにこたえるために多彩な科目を設置しています。「生命の哲學」「現代形而上學入門」「ことばの哲學」など現代的な課題をカバーするとともに、宗教學や日本思想など、幅広い領域を深く學ぶことができます。

成長のプロセス

文學部_成長のプロセスa
1年次
専門入門ゼミなどで學び方を身につける
「哲學の手ほどき」や各概論の科目、ゼミでのディスカッションなどから學び方や考え方の基礎を學ぶ。
文學部_成長のプロセスd
2年次
興味のある分野を選択して學ぶ
1年次で學んだ広い分野から興味のある分野を選択し學んでいく。
文學部_成長のプロセスb
3年次
専門ゼミで研究を深める
自分の選択した分野で研究を進め、哲學の思考の手法を身につける。
文學部_成長のプロセスc
4年次
卒業論文で研究の成果をまとめる
自ら問いを立て、自分の考えを論理的に積み上げ、自分なりの解を見つけ、まとめていく。
流行や目先の便利さにとらわれない本質を見る力を修得。
専修大學哲學科へのお問い合わせは E-mail:philosphy(a)isc.senshu-u.ac.jp((a)を@に変更して送信をお願いします)
久久亚洲国产中文字幕