二部の強み

目的があるから活きる自分なりの就學スタイル
専修大學二部では様々なタイプの選択履修が可能です。
自分の興味や目的に応じて、自分にあった就學スタイルを作り上げてください。

他學部の科目も履修可能
二部では、學生のさまざまな學修要求に応えるため、他學部すべての専門科目を自由に選択して履修できる「學部間相互乗り入れ制度」を実施しています。この制度によって、狹い専門知識の修得にとどまらず、関連する學門分野の體系的?総合的知識の修得、自由な思考力を養います。
二部 他學部の科目も履修可能-1
二部 他學部の科目も履修可能-2
晝間部の科目も選択可能
一部で開講されている専門科目を、所定の條件のもとで履修することができる制度を設けています。興味のある分野をより深く勉強できる、空いている日に集中して授業を受けられる、などの利點があります。

一部開講専門科目(抜粋)
【経済學部】 コンピュータと経済學1/2、現代資本主義論1/2、日米経済論1/2、現代市民社會論、生活経済論1/2、公共経済學1/2、財政金融政策1/2、ゲーム理論1/2、計量経済學1/2、経済社會と女性
【法學部】 國際人権法Ⅰ/Ⅱ、國家論、國際紛爭論、ナショナリズム論、安全保障論 他
※當該年度の4時限?5時限に配置された専門科目が履修可能です。 履修することができる科目の詳細については、入學後にお知らせします。
【商學部】 金融サービス、リスクマネジメント、グローバルビジネス、ビジネスインテリジェンス、マーケティング情報、グローバルマーケティング、環境マーケティング、サービスマーケティング、デリバティブ、原価管理論、環境會計論


晝間部への転部科も可能
1年次から2年次に進級するとき、2年次から3年次に進級するときの計2回、一部に転部科するチャンスがあります。修得単位及び學業成績の基準をクリアし、英語や専門科目などの筆記試験に合格することが條件となります。


二部 晝間部の転部科も可能
卒業までの4年間でキャリアアップ
1年次から2年次に進級するとき、2年次から3年次に進級するときの計2回、一部に転部科するチャンスがあります。修得単位及び學業成績の基準をクリアし、英語や専門科目などの筆記試験に合格することが條件となります。



學位は晝間部と同じ

二部を卒業すれば、得られる學位は一部(晝間部)と同様の學位が與えられます。また、卒業証明書や成績証明書にも「二部」という記載はされないので、一部?二部に関係なく“専修大學生”として就職活動を行うことができます。

卒業時取得學位
経済學部卒 學士(経済學)
法學部卒  學士(法學)
商學部卒  學士(商學)


學費は晝間部の約2/3

年間の學費は一部と比べて安く、國公立大學と同水準です。働きながら學ぶ方や経済的に不安がある方にも、大きな負擔にはなりません。



學費の4期分納が可能

この制度も、生徒の経済的不安を軽減するために設けられた本學の特色です。入學手続時から1年間4期に分けて納入できます。


二部ならではの出會いと刺激

二部の魅力は、社會人、有職者、現役生、年配の方と、年齢や職種も異なるひとが同じキャンパスで學んでいることです。一部(晝間部)にはない環境で、様々な価値観に觸れることができます。

二部 年齢-1
二部 年齢-2
二部 入試制度-1
二部 入試制度-2
二部 高校課程-1
二部 高校課程-2
二部 職業-1
二部 職業-2
東京の中心、神田キャンパス
専修大學二部は、東京の中心、千代田區神田神保町に位置する神田キャンパスで學びます。新宿、渋谷、東京など主要駅へのアクセスも良く、様々な業種の會社を視野に入れていく上で、といても有効な環境となるでしょう。
また、當然通學もしやすく、周辺には多くの大學や専門學校、世界でも有數の古書店街もあるので、學業に専念できる絶好の立地となっています
二部 東京の中心、神田キャンパス
神田校舎
高い教育水準!
原則、一部(晝間部)の授業を擔當している教員が、二部の授業を擔當しており、 一部と同水準の授業を展開しています。
また、二部には、向學心の高い社會人や有職者が在籍しており、授業內でも多くの質問を寄せるなど、教員のやる気を刺激し、教員と學生が一體となった授業が展開されています。

さらに、政府系金融機関や外交官など実社會で活躍されている方々を招き、HOTな話題を取り入れ、質の高い教育を展開しています。


久久亚洲国产中文字幕