ゼミを探す

一覧に戻る

會計情報システムの機能と構造 [擔當:櫻井 康弘]

ゼミナール名稱櫻井康弘ゼミナール
研究テーマ會計情報システムの機能と構造
ゼミナール所屬商學部會計學科
學習內容會計業務とコンピュータとの関係を考える領域が會計情報システム論です。
會計業務のコンピュータ化は,當初から會計取引をいかに迅速にかつ正確に処理するかといった會計業務の効率化を目的としてきました。近年では,企業內部の経営管理者に対する會計情報の提供が注目されています。
ゼミでは,會計技法をコンピュータ化するためのシステム設計要件や,會計制度の変更,企業のグローバル化,情報技術の進展が會計情報システムにどのような影響を及ぼすのかといったテーマでテキストや文獻を読んだり,コンピュータで実習をおこなったりしながら研究しています。
ゼミ生の人數2015年度4年生6名,3年生18名,2年生13名
開講日時など木曜日3?4限
卒業論文?卒業研究IFRS(國際會計基準)の導入,情報技術の進展などが會計情報システムにどのような影響を與えるのかといったテーマで卒業論文を執筆したゼミ生が多かったです。
【2013年度卒業論文テーマの一部】
?企業の國際化と會計システムへの影響
?歴史から見る會計とコンピュータとの関係
?IFRS導入による會計システムへの影響
?クラウドが會計システムへ與えた影響
サブゼミナール必要に応じて各ゼミ生が自主的に行っています。
ゼミナール合宿夏休みや春休みに実施しています。他大學のゼミナールと合同でおこない,企業見學をしたり討論會をしています。
対外活動など神奈川産學チャレンジプログラムに毎年參加しています。
これまでに取り組んだテーマは,「ホテルにおけるSNSを活用した新しい販売策の提案」,「私鉄沿線でPASMOを使いたくなる施策の提案」,「會計事務所にとっての真空マーケットの提案」です。テーマは必ずしも會計情報システムに直接的に関係するものではありませんが,チームで調査し,議論し,報告書にまとめる作業はゼミ生にとって大変良い機會となっています。
2015年度には2チームが優秀賞を受賞し,學內では商學部長奨勵賞を受賞しました。
OB?OGの進路製造,流通,不動産,コンサルタントなどの業種に就職しています。
OB?OG會2014年3月に初めての卒業生を送り出したばかりですので,現在はありません。
教員紹介他大學に11年勤務し,2012年から専修大學に勤務しています。
櫻井 康弘[研究者情報データベースへ]
HPhttp://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thc0838/
1573005631271
1573005631378

[2016年3月更新]
久久亚洲国产中文字幕