ゼミを探す

一覧に戻る

小売業のマーケティングに関する研究:利益確保と社會貢獻 [擔當:新島 裕基]

ゼミナール名稱小売業のマーケティングに関する研究
研究テーマ小売業のマーケティングに関する研究:利益確保と社會貢獻

わたしたちのゼミでは、主に小売業のマーケティングについて研究しています。
基本的なテーマは、小売業者間の競爭(ヨコの局面)、小売業者と消費者(またはメーカー)との取引(タテの局面)、小売業者による地域活性化(地域貢獻?社會貢獻の局面)についてです。以上のような局面において、現実の企業行動や地域活性化策が「なぜ」「どのように」行われているのか。それらが「誰に」「どのような」成果や課題をもたらしているのか。こうした「問い」を自分たちで設定し、理論と実踐の両面から探求していきます。
ゼミナール所屬商學部 マーケティング學科
學習內容2年生:前期のうちに、顔合わせを兼ねて2年生同士で何回か集まります。夏合宿(9月)から本格的なゼミ活動がスタートします。夏合宿では同學年や3、4年生との交流を深めたり、ゼミで學びたいことなどを簡単に発表したりします。
後期からは、輪読とグループワークを通じて、マーケティングの考え方や分析ツール(SWOT, STP, 4Psなど)について體系的に學習します。その際、ただ知識を暗記するのではなく、知識を使いこなして対象を分析?評価すること(自分の意見を持つこと)、自分の考えを相手に伝わるように発信すること、他人の意見に対して反応すること(質問すること)、こうした一連のプロセスを楽しむことを重視します。

3年生:2年生のときに學んだことを応用して、対外活動に取り組みます(後述)。
また、対外活動と並行して個人研究にも取り組みます。具體的には、自分の興味や関心を手がかりに情報収集?文獻整理を進めながら、レジュメやレポートで研究経過を報告します(年に數回程度)。「なぜそのテーマに取り組むのか」「どこがおもしろいのか」「その研究でどのような問題を明らかにするのか」などについて、ゼミ全體で徹底的に議論します。

○これまでの個人研究テーマ(一部抜粋)
?コンビニエンス?ストア各社の戦略とその意思決定プロセス
?「聖地巡禮」は地域に何をもたらすのか
?オーガニックブームの影響:製品の販売促進策、まちづくりとのかかわりについて
?アパレルショップ出店と商店街活性化:オリジナルブランド開発から出店後の取り組み

4年生:前期は就職活動と並行して、これまでの個人研究を継続するか、業界?企業研究に取り組みます。後期は大學生活の集大成として、前期までの研究を発展させて卒業論文を執筆します。
ゼミ生の人數4年生:6人(女性1人、男性5人) 3年生:21人(女性15人、男性6人)※ 2019年4月時點
開講日時など4年生:月曜5限 3年生:水曜5限 2年生:水曜4限 ※ 2019年4月時點
卒業論文?卒業研究卒業論文の執筆(4年後期「卒業研究」の履修)は全員必修です。
サブゼミナール2年生:ゼミ生と教員が相談したうえで実施することがあります(ゼミ終了後の時限)。
3年生:ゼミ長と副ゼミ長の判斷で実施することがあります(ゼミの時間外)。
4年生:狀況に応じて、2、3年生のサブゼミ等をサポートしてもらうことがあります。
ゼミナール合宿9月上旬と2月下旬に合宿を実施します(2泊3日)。全學年?全員が參加します(就職活動がある場合などは除く)。直近の合宿(2019年2月)は靜岡県熱海市に行きました。合宿の半分はひたすら勉強(輪読、グループワーク、グループ(または個人)報告など)、もう半分はひたすら遊び(BBQ、スポーツレク、飲み會など)です。
対外活動など「実踐的な學び」として対外活動に取り組みます。
ゼミ生の希望に応じて2~3人のチームに分かれ、學外のコンテスト等に応募します。具體的には、參加企業や地域から與えられた課題に対して、自分たちで実施した調査に基づく客観的データと論証プロセスを示したうえで、新しい商品やサービス、地域活性化策のアイデア提案などを行います。また、外部の団體と協力しながら、まちづくり分野の課題解決に関する企畫?提案?実行に取り組むことも考えています。

(1)學外コンテストへの參加
?神奈川産學チャレンジプログラム
?大學生観光まちづくりコンテスト など

(2)ゼミとしてのプロジェクト(予定)
?千代田區(神田キャンパス周辺)の商店街などを応援するプロジェクト
?ゲストスピーカーからいただいた課題の解決策の提案 など
(年度や狀況により、そのほかの企畫が立ち上がる場合もあります)

以上を含めた対外活動の詳しい內容については、ゼミHPやSNS(Twitter, Instagram, Facebook)をご覧ください。

なお、2年生も対外活動に同席する場合があります。2年時の學習內容を3年生のときにどう活かすか、あらかじめ具體的にイメージしてもらうことが大きな目的です。
OB?OGの進路開講2年目のため、まだ卒業生はいません
OB?OG會開講2年目のため、まだ卒業生はいません。卒業生を輩出した年からは、できれば年1回開催する予定です。
教員紹介1987年生まれ。2018年度より著任。主な擔當科目は「商業政策」と「流通論」。

新島 裕基[研究者情報データベースへ]
HP新島ゼミナール
https://niijimaseminar.wixsite.com/mysite
その他ゼミTwitter
https://twitter.com/niijimaseminar

ゼミInstagram
https://instagram.com/niijima.seminar

ゼミFacebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100034197168923
1573006733550▲ゼミ合宿(2019年2月、靜岡県熱海市にて)
1573006732967▲スポーツレク(2019年2月、靜岡県熱海市にて)
?
[2019年4月掲載]
久久亚洲国产中文字幕