學蕓員課程

學蕓員とは、博物館において、資料の収集、展示、保管、調査研究、その他これに関連する社會教育的活動などの専門的な仕事に攜わる職員です。ここにいう博物館は、美術館、歴史資料館、考古資料館、民俗資料館、民蕓館、文學館、文書館、動?植物園、水族館、科學館などあらゆる分野の公?私立の施設を指しています。

こうした博物館に勤務するためには、學蕓員の資格を有することが必要です。博物館法第 5條第 1 項第 1 號に、學蕓員は「學士の學位を有する者で、大學において文部科學省令で定める博物館に関する科目の単位を修得したもの」と規定されています。

本學の學蕓員課程は、人文系の歴史?考古?民俗?美術史等を専門とする學蕓員を養成することを目的とし、さらに実習を重んじて、少人數教育を行う點は他大學に無い特色です。

本學の學蕓員養成の理念

専修大學は、「社會現象に対する自由でとらわれない研究を基礎とし、舊い権威や強力に対してあくまで批判的であることを精神とし、人間の値打ちを尊重する平和的な良心と民主的な訓練を身に著けた若い日本人を作り上げることを目的」(學則第1條)として、教育と研究に取り組んできた。

しかし、21世紀という新たな世紀を迎えるに際して、この目的を時代に即したものとする必要性に鑑み、21世紀ビジョンとして「社會知性」(Socio-Intelligence)の開発」を掲げた。社會知性とは、「グローバル化の拡大と異文化交流の進展、情報化の加速、少子高齢化の進行などの社會的課題が山積するなか、専門的な知識?技術とそれに基づく思考方法を核としながらも、深い人間理解と倫理観を持ち、地球的視野から獨創的な発想により主體的に社會の諸課題の解決に取り組んでいける能力であり、この開発を本學の學部及び學科ごとの人材の養成に関する目的としている(學則第2條の2)。

本學においてはこの目的を踏まえ、「學蕓員として、博物館の社會的な機能と博物館教育の特質を深く理解し、博物館資料を通して大衆の知識や教養を増進するとともに、情操の陶冶と人間にとって重要な諸問題の啓蒙を推進する資質能力」の育成をめざし、博物館が取り扱う學術諸分野、特に人文系の歴史、考古、民俗、美術史等に関する専門的な知識?技術を有した実踐力のある學蕓員の養成を行うことを理念としている。

資格を取得するための単位修得方法

學蕓員課程の履修は、 1年次から認めています。最低履修期間は 2年間となっています。資格を取得するための単位は、次の「學蕓員課程科目一覧」のとおり、13科目27単位以上を修得しなければなりません。
また、選択必修科目は、「文化史」「美術史」「考古學」「民俗學」の4分野のうち2分野にわたって4科目8単位以上を修得することが最低條件となっています。しかし、本學學蕓員課程の特色を生かすために、全選択必修科目の単位修得を望みます。

學蕓員課程科目一覧[一部?二部]

?必修 ◎選択必修
















學         科




















































 


















?
























 





























生涯學習概論 1234 2 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 19
博物館概論 1234 2 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
博物館経営論 234 2 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
博物館資料論 1234 2 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
博物館資料保存論 234 2 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
博物館展示論 234 2 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
博物館教育論 1234 2 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
博物館情報?メディア論 234 2 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?   
博物館実習 34 3 ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
日本文化史a 34 2  


8
日本文化史b 34 2  
アジア文化史a 34 2
アジア文化史b 34 2  
歐米文化史a 34 2  
歐米文化史b 34 2  
日本文化史1 234 2
日本文化史2 234 2
アジア文化史1 234 2
アジア文化史2 234 2
歐米文化史1 234 2
歐米文化史2 234 2
美術史a 1234 2

美術史b 1234 2
考古學a 234 2

考古學b 234 2
考古學概論1 12 2
考古學概論2 12 2
民俗學a 234 2

民俗學b 234 2
民俗學1 234 2
民俗學2 234 2
注1:文化史?美術史?考古學?民俗學のうち、2分野にわたって4科目8単位以上選択必修

授業評価

本學學蕓員課程では、平成27年度から學蕓員課程科目受講者を対象に、授業擔當教員が學生とともに授業を改善することを目的として「學生による授業評価」を実施しています。

令和元年度「學生による授業評価」

 令和元年度の學蕓員資格課程の全授業について、例年のように授業評価を行いました。質問項目別の數値による評価と、自由記述による二つの柱からなる授業評価は、個々の授業の得失を明らかにし、問題點のある授業內容を改善とするとともに、高く評価された項目について、さらなるレベルアップを図るための施策であることは言うまでもありません。同時に、現在の授業に関する學生たちの生の意識を探り、學生諸君が授業にどのようなものを求めているかを浮き彫りにすることも含まれているはずです。大學の教育は、シラバスに反映されているように、一定の具體的な內容と到達目標が定められているものです。しかし、教育というものは、教育する側から學生へという一方通行ではなく、學生たちが教育をどのように受け止めるかという、もう一つの方向についても考察することも、絶対に必要であると考えられます。

 したがって、各項目についての単年度の數値の確認と反省、二年ないしは三年という、一定期間內による數値の変動と実際に行われた授業改善の実態の比較検討、という二つの點に注目することは當然であるとしても、それだけではなく、専修大學で學蕓員課程を履修する學生のカラーとでもいうべきものを、より長期にわたって明らかにすることも見落とすことのできない點と考えられます。「學習內容のレベルは適切でしたか」という質問項目について、適切?やや難しい?難しい、という回答の合計は、平成二十九年度前期は73.45%でしたが、平成三十年度は63.68%、そして本年度は98.15%と大幅に數値が上昇しています。なかでも、適切が90.28%という數値となっています。全體の評価による結果であることから、どの授業がこの高評価に寄與したかは明らかではないものの、全體として、履修學生が感じている授業の充実度が改善されていることは疑いないでしょう。

 しかし問題は、「宿題?課題、予習?復習にかけて勉強量はどのくらいでしたか(1回の授業あたりの平均として)」という、履修學生の授業に臨む意識を探る項目についてが、三年連続して30%臺後半という數値に低迷している點でしょう。先にも指摘したように、授業は、それを行う教員の取り揃える內容、授業方法、取り組みの熱意、さらに教え方の巧拙などにより、その優劣が大きく左右されます。しかし、それと同時に、履修學生たちの授業の取り組み方によって、そこから生ずる結果は全く違ったものになる可能性があります。これは、実習などの小人數教育はもちろん、大教室における講義形式の授業にも當てはまることでしょう。この點を踏まえて、學蕓員課程の各擔當教員には、さらなる授業改善に取り組まれることをお願いするとともに、學生一人一人の「やる気」を喚起するように工夫や課題、その講評などにも意を注いでいただきたいと思います。

平成30年度「學生による授業評価」

 本年度も學蕓員課程の全授業について、履修學生による授業評価の調査を行いました。授業を行う教員にほぼ異動はないものの、その授業を受ける學生たちは、毎年入れ替わりがあることから、評価の數値に変化が見られることは當然と考えられます。今回の評価で、前年度との比較において注目されたのは、平成29年度前期において、「學習內容のレベルは適切でしたか」という項目です。適切?やや難しい?難しいという項目の合計が92.94パーセントであったのに対して、平成30年度前期では、合計が96.02パーセントとなっており、全體として難解という印象を學生が受け止めていると考えられます。一方、「學生の理解度を確認しながら授業が進められていましたか」という質問項目については、平成29年度前期においては、ややそう思う?そう思うという項目の回答の合計が73.45パーセントであるのに対して、平成30年度前期については、63.68パーセントとなっています。授業內容の難易度と、教員の教え方については、當然、密接な相関関係が存在すると考えられ、授業に取り組む教員は、常に授業內容に細かい配慮を行うとともに、その教え方についても、學生一人一人の個性や能力に合わせた「匙加減」とも言うべき細心の注意を払う必要があるでしょう。ただし、「教員は授業に対して意欲的だったと思いますか」という質問項目については、平成29年度前期が、ややそう思う?そう思うという項目の回答の合計が93.36パーセントで、平成30年度前期が90.05パーセントといずれも九割を超えており、學蕓員課程全體として學生からの高評価を得ていることも指摘しておかなければなりません。

 後期については、「テキスト、配布資料などは、効果的なものが使用されていましたか」という項目が注目されます。すなわち、平成29年度では、ややそう思う?そう思うという項目の回答の合計が76.69パーセントとであったのに対して、平成30年度は59.55パーセントと、かなりの低下を示しています。これがどのような要因に起因するかは、この程度の調査では浮き彫りにすることは不可能ですが、推測の一つとして、先に上げた學生の理解を確認するという授業への配慮が、これらの數値を左右する可能性は否定できません。また、授業を受けた學生側に目を向けるなら、「宿題?課題、予習?復習にかけて勉強量はどれくらいでしたか(1回の授業あたりの平均として)」という項目について、平成29年度後期については、1時間程度?2時間程度?3時間以上という項目の合計が36.02パーセントだったのに対して、平成30年度後期の場合、同様の項目の合計が38.67パーセントと數値をわずかに上げています。授業の難易度、授業の仕方とともに、こうした課題に取り組ませることで、學生の學習はより深まると考えられ、各教員にはこうした取り組みをさらに深めていただきたいと思います。

 最後に、授業評価の數値の変動は、むろん向上することが望ましいところですが、教員の交代などの事態を別にすれば、入れ替わりがあるとはいえ、専修大學の學生という風土の中で、ある程度固定化された一定の數値を挾んで微妙に振幅する性質のものとも考えられます。とすれば、単年度の結果に一喜一憂するだけでなく、長い年月を掛けて、全體の平均數値を少しずつ改善させる具體的な努力に結びつけるのも、授業評価の重要な役割と考えられます。

平成29年度「學生による授業評価」

學蕓員課程の全科目に授業評価が導入されて、本年度で三年目を迎えました。授業評価は履修學生の生の聲を吸い上げ、各授業の得失を明らかにし、その授業內容を改善することを目的としています。また、授業評価の內容を公開することで、授業評価に協力していただい學生の意見が改善に反映されていることを明らかにするとともに、授業評価を受ける教員に対して授業改善へのモチベーションを高めることも眼目となっております。これらの點に鑑みて、三年目に當たる本年度の授業評価は、その効果が著実に浸透していることを示していると考えられます。2の「學修內容の分量は適切でしたか」という項目については、28年度は六割程度が「適切」と回答していましたが、本年度は八割を超える學生が「適切」と回答しています。ここ數年、シラバスの內容の詳細化が進んでおり、その経緯を反映して、3の「シラバス(授業計畫や時間數)に沿って行われていましたか」については、五割半が「そう思う」と回答しており、前年度の四割弱を上回っています。4の「學生の理解度を確認しながら授業が進められていましたか」について、「そう思う」「ややそう思う」が七割を超えている點は注目に値するでしょう。ちなみに、前年度は両回答の合計は五割程度でした。ただし、6の「教員の説明や黒板の使い方、書き方は分かりやすいものでしたか』という項目については、「どちらともいえない」「あまり思わない」「思わない」の合計が五割半を越えており、4の項目に対する回答を加味するならば、ここでの低評価は主に「板書」に起因すると推定できるので、引き続きの改善が求められるところです。

最後に、履修學生自身についての項目について、13の「宿題?課題、予習?復習にかけた勉強量はどれくらいでしたか」については、「3時間以上」「2時間程度」の回答の合計は、前年度とほぼ変化が見られません。この點は、擔當教員が積極的に課題を與えて、勉強に取り組ませる工夫が必要と考えられます。一方、14の「積極的に発言や質問をしましたか」については、「積極的にした」「やや積極的にした」の回答の合計が、前年度三パーセント程度と極めて低調でしたが、今回十五パーセントと改善しています。しかし、この數値をさらに向上させるべく、學蕓員課程の全教員に工夫と奮起を大いに期待したいと思います。

平成28年度「學生による授業評価」

専修大學の學蕓員課程の全授業について、昨年度より履修學生の授業評価が実施されることとなり、本年度も滯りなく実施されました。その結果、14の授業評価項目について、各教員別の評価と、學蕓員課程全體の結果が明らかとなりました。ここでは全體の評価について、數値の一覧表を公開し、表から読み取れる概要について觸れておきたいと思います。

1の「學習內容のレベルは適切でしたか」という項目について、七割半の學生が「適切」と回答しています。この數値は昨年をわずかに上回るもので、昨年度の授業評価を受けて、各教員の授業內容のレベルアップの努力が反映されたものと考えられます。そのことは、8の「教員は授業に対して意欲的だったと思うか」という項目について、「そう思う」「ややそう思う」という回答が、全體の九割強となっていることからも確認されるでしょう。ちなみに、昨年度は八割以上にとどまっていました。また、4の「學生の理解度を確認しながら授業が進められていましたか」という項目に対して、昨年度は「どちらとも言えない」「あまり思わない」が四割以上の回答がありましたが、本年度は三割弱となり、その分、「そう思う」「ややそう思う」の割合が上昇しています。この點、來年度はさらなる數値の改善を目指したいと思います。6の「教員の説明や黒板の使い方、書き方はわかりやすいものでしたか」という項目については、回答の分散が認められますが、依然として「あまり思わない」「思わない」が二割弱となっており、この點、引き続きの改善に努めていきたいと思います。

履修學生自身については、12の「この授業への出席回數はどれくらいでしたか」という項目で、「15~13回」が八割となっており、資格課程の學生の真面目な學習態度がうかがえます。また、近年のシラバスにおいて重要視されている予習と復習については13の項目が注目されます。すなわち、「宿題?課題、予習?復習にかけた勉強量はどれくらいでしたか」という項目で、「ほとんどしなかった」が五割弱と心もとない狀況です。ただし、「3時間以上」「2時間以上」の回答が九パーセントとなっており、授業內容に予習と復習を求めるものを盛り込み、この數値の向上を図りたいと思います。授業評価は、平成29年度も行う予定です。

平成27年度「學生による授業評価」

平成27年度より、専修大學の學蕓員課程のすべての授業について、履修學生の授業評価を実施することとなり、昨年度の前期と後期に実施されました。その結果、14の授業評価項目について、各教員別の評価と、學蕓員課程全體の評価の結果が明らかとなりましたので、ここでは全體の評価について、數値の一覧表と、そこから読み取れる評価內容について觸れておきたいと思います。

1の「學修內容のレベルは適切でしたか」という項目について、「適切」と回答した割合が前期75.2パーセント、後期75.6パーセントと、七割以上が評価しており、本學の學蕓員課程の授業內容はおおむね期待通りの水準にあると考えられます。また、8の「教員は授業に対して意欲的だったと思いますか」という項目について、前期と後期とも八割以上が「そう思う」「ややそう思う」と回答しており、各教員の授業への真摯な取り組みが評価されていると考えられます。しかし、4の「學生の理解度を確認しながら授業が進められていましたか」という項目については、「どちらともいえない」「あまり思わない」が前期と後期ともに四割以上の回答となっており、授業の理解から取り殘された履修學生が存在した実態が浮かび上がってきました。今後の改善が望まれます。6の「教員の説明や黒板の使い方、書き方はわかりやすいものでしたか」については回答が分散していますが、「思わない」という回答が前期と後期に7パーセントあり、該當する教員の改善が望まれます。

問2の「あなたは」の項目は、履修學生についてですが、12の「この授業への出席回數はどれくらいでしたか」という項目について出席率は非常に高く、履修學生の真摯な學修姿勢がうかがわれます。しかし、13の「宿題?課題、予習?復習にかけた勉強量はどれくらいでしたか」という項目については、前期と後期ともに「30分程度」「ほとんどしなかった」が七割ほどを占めており、これらは主に予習?復習の実態を反映したものと考えられ、履修に當たって學生に改めて留意していただきたい點です。授業評価は平成28年度も行う予定です。

久久影院-国产久久亚洲美女久久