國際交流センター

國際交流センターについて

國際交流センターでは、海外の大學又は研究機関との學術文化交流を推進し、本學の教育研究の充実発展に寄與することを目的として、學生派遣、留學生及び教員?研究者の受入れ、留學準備支援講座、學生交流など様々なプログラムを多數展開しています。
  • 國際交流計畫?協定締結
  • 學生の國際交流協定校等への留學派遣
  • 海外からの教員、研究員の受け入れ
  • 國際交流協定校からの學生の受け入れ
  • 日本語?日本事情プログラムの運営

海外留學?國際交流ガイド -Guide to Studying Abroad & International Exchange

本學の海外留學?國際交流の詳細については、パンフレットをご覧ください。
下記パンフ表紙畫像をクリックするとPDFが立ち上がります。
また冊子は國際交流事務課をはじめ、各所で配付しております。
海外留學?國際交流ガイド

國際交流センター長メッセージ

留學のすすめ

大學はチャレンジの場

國際交流センター長
経営學部準教授 奧 村 経 世
私は、「チャレンジ」という言葉が好きです。また、出會った學生の皆さんには、チャレンジの楽しさや大切さを伝えることを心がけています。Challengeという言葉を辭書で調べると、「勝つために、または自分をより優れたものにするために努力すること」という意味があります。つまり、自分を成長させるために何かに取り組むことです。報酬を得るためとか、誰かに褒められるためという目的ではなく、將來の自分の活躍や幸せのために、いま何か新しいことに取り組んでみることです。そして、専修大學には、チャレンジの機會がたくさんあります。自分の選んだ専門分野の授業を受けることはもちろんですが、資格を取得したい人や、自分のスキルを伸ばしたい人のための課外講座も充実しています。そして、もっともワクワクするチャレンジが、國際交流センターが提供している様々な留學プログラムです。
1574740510557

留學で得られるもの(1):語學力の向上

日本にいても、英會話學校に通えば、英會話のスキルは伸びます。ただし、會話だけが外國語スキルではありません。話す力、聞く力、書く力、読む力がすべてそろって、初めて実社會で役立てることができます。専修大學の世界中様々な協定校との長期交換留學プログラムでは、語學研修を受けるばかりでなく、その大學の授業を受けることができます。そこでは、全部外國語でたくさんの本を読み、先生の専門的な講義を聴き、レポートを書き、學生同士でディスカッションもします。日本の大學にいるよりもたくさんの勉強が必要になりますが、將來の仕事や生活に役立つ本當の語學力が、きっと身に付きます。「自分は英語が苦手だから」という理由で海外での仕事を諦める日本人はたくさんいます。一つの外國語をマスターするだけで、將來の皆さんの活躍の場は、大きく増えます。

留學で得られるもの(2):人間としての大きな成長

留學して海外で暮らすことは、楽しいことでもあり、苦労の連続でもあります。その國の文化や習慣、その國の人々の考え方が、日本とは大きく違うからです。日本で當たり前だと思っていることが、外國では當たり前ではないかもしれません。しかし、その國の生活に適応し、たくさんの友人を作る努力をしていけば、日本の大學で4年間學ぶよりも、もっと多くの學びが得られます。「苦労は避けたい」というネガティブな気持ちではなく、「苦労するのは初めての経験だから=新しいことはワクワクする=だから苦労を楽しもう」というポジティブな姿勢があれば、苦労を楽しく乗り越え、たくさんの學びを得ることができます。

留學で得られるもの(3):広い視野?柔軟的な思考

外國で生活し學んでいると、「日本を外から見る」ことができます。そうすると、「世界の中で」という広い視野で、日本はどんな立場にあるのかを考えることができるようになります。日本の良いところも悪いところも、見えてくるかもしれません。また、「日本と違うモノゴト」にたくさん出會うと、それまでは常識だと思っていたことが、実はそうではないかもしれないという疑問を持つようになります。自分の思い込みを捨て、素直な気持ちで目の前のことを見る姿勢を持てば、そこに隠された新しい発見に出會えます。

「いつか留學」ではなく「必ず留學」
「いつか何々をしよう」と思っていたら、いつまでもできないかもしれません。とにかく、目標を持ち、実際のアクションを起こすことが必要です。たとえば、「大學2年生になったら必ず留學する」という決意を持てば、大學に入った時からそのための勉強も準備も楽しく一生懸命にすることができるでしょう。そして、留學というチャレンジを乗り切れば、後悔の無い充実した大學4年間になるはずです。留學すれば、皆さんは大學4年間でできるよりもはるかに多くの経験をし、成長ができると信じています。それこそが、海外生活を経験したことがある私自身が、皆さんに一番伝えたいメッセージです。

大學でチャレンジをしましょう。そして、國際交流センターが提供できる大きくて楽しいチャレンジの機會は、「留學」です。

國際交流事務課窓口案內

生田キャンパス 國際交流事務課

場所
9號館5階(MAP

開室時間
平日(月~金曜日)9:00~17:00
土曜日9:00~12:00
夏期休暇期間(月~金曜日)10:00~16:00
※日曜日?祝日(授業実施日は除く)は窓口業務を行いません。
※夏期休暇期間中の土?日曜日及び祝日は窓口業務を行いません。
※入學試験実施日は窓口業務を行いません。

神田キャンパス グローバルカウンター

國際交流事務課職員が常駐し、國際交流センター主催各種留學プログラム、留學支援講座(LSP)、學內での國際交流、正規留學生の査証申請補助?生活面のサポート等を行っています。

場所
10號館15階(MAP

開室時間
平日(月~金曜日)9:00~17:00(晝休み 13:00~14:00)
土曜日窓口業務を行いません。
夏期?春期休暇期間窓口業務を行いません。
※當面の間、土曜日の窓口業務については行いません。
※日曜日?祝日(授業実施日は除く)は窓口業務を行いません。
※夏期?春期休暇期間中は窓口業務を行わない予定です。休暇期間中は生田キャンパスの國際交流事務課へお問合せください。なお、休暇期間中の窓口業務の取扱いについて、変更が生じた場合は、ホームページ及びポータルにてお知らせします。

國際交流センター內の資料閲覧コーナーについて

國際交流センターには、留學?國際交流関係の資料閲覧コーナーがあります。市販されている留學情報誌を初め、TOEFL?問題集(海外で出版されたものを含む)、各國語(英語?中國語?韓國語?ドイツ語?フランス語?スペイン語?インドネシア語)の會話集や『地球の歩き方』などの國別の資料を多數揃えています。
また、協定校のパンフレットや大學案內、寫真集などもあります。貸し出しはしていませんが、自由に閲覧することができますので、是非利用してください。

お問い合わせ

専修大學 國際交流事務課
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩區東三田2-1-1 専修大學生田キャンパス 9號館5階
TEL:044-911-1250 FAX:044-911-1243
E-mail:iaffairs(a)acc.senshu-u.ac.jp
※迷惑メール対策のため、@を(a)と表記しています。送信の際はお手數ですが(a)を@にしてお送りください。
久久影院-国产久久亚洲美女久久