• Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+

本學に在籍する外國人留學生へ

留學生へのお知らせ 

令和2年度に入學した新入留學生の皆さんへ
 

 新入留學生の皆さん、入學おめでとうございます。
 本來ならばみなさんとは、オリエンテーションガイダンスの時にお會いしている予定でしたが、新型コロナウイルス感染癥の拡大の影響によりオリエンテーションガイダンスが中止となってしまいました。
 つきましては、オリエンテーションガイダンスで説明する予定だった情報を下記資料にまとめましたので、各自確認してください。

?令和2年度新入留學生査証に関する説明資料
?所屬機関の変更時の屆け出(屆出書參考様式1の6)
?在留期間更新許可申請書
?手數料納付書
?資格外活動許可申請書
 

在留期間更新許可申請をする外國人留學生の皆さんへ
 

在留期間更新許可申請は、在留期限の3か月前からです。
例:在留期限10月30日の學生は、3か月前の7月30日より在留期間更新許可申請が可能となります。
 

在留期間更新許可申請をする學生は個人申請で申請をしてください。

在留期間更新許可申請をする學生は、事前に、國際交流事務課へ大學が作成する「所屬機関作成用2枚」の発行依頼の申請を必ずしてください。

「所屬機関作成用2枚」の書類がないと出入國在留管理庁では在留期間更新許可申請書類は受理されませんので注意してください。

なお、審査が完了し結果が通知されるまでに約1か月~2か月程度時間がかかります。早めに申請できるように準備に取り掛かりましょう。期限が切れてしまうと「不法滯在」となり、留學ビザが失効するのはもちろん、その後數年間日本への入國が禁止されることもあります。

新型コロナウイルス感染拡大の狀況を鑑み、皆さんの安全を第一に考え、
當面の間、「所屬機関等作成用2枚」の発行申請を郵送にて受け付けます。


「所屬機関作成用2枚」の発行申請方法及び必要書類は以下の資料を各自確認してください。
?令和2年度在留期間更新の流れ
?在留期間更新許可申請書
?手數料納付書
?資格外活動許可申請書


 

就職活動のための査証「特定活動」への在留資格の変更許可申請について

大學や大學院を卒業した留學生が、卒業後も引き続き就職活動を行うために、在留資格「特定活動」に査証の資格変更ができるようになりました。在留期間は6ヶ月ですが、在留期間更新が1回のみ認められ、最長1年程度の滯在が認められます。さらに、資格外活動許可申請を行うことで週28時間以內の収入や報酬を伴う活動(一般的にはアルバイト)が許可されます。
但し、申請のためには定期的に國際交流事務課とキャリア形成支援課に就職活動の報告を行い、滯在目的が就職活動であることを立証する必要があります。本査証の取得を希望する卒業留學生は下記連絡先宛にメールをしてください。

メールのタイトルを「特定活動査証の取得について」
本文中に當時の學生番號、名前、電話番號を明記してください。
メールの送り先:[email protected]

【留學生のための學生會館】 入居者募集のお知らせ

センディ

センディナビ

久久亚洲国产中文字幕