2020年 新學部?新學科紹介サイト
新學部誕生國際コミュニケーション學部
國際コミュニケーション學部
School of International Communication
神田キャンパス 新校舎
ことばが世界の人の役に立つ。
ことばが世界への扉を開く。
2020年度に誕生する最も新しい學部が、神田キャンパスの新校舎で學ぶ國際コミュニケーション學部です。言語?文化?歴史等の多彩な科目と多くの海外體験を通して真の國際性を養成。“國際化の進む日本で” “日本から海外に向かって”という2方向でのグローバル化が進展する現在に、 確かな國際理解をふまえて立ち向かえる人材を育てます。同じキャンパスの法學部?商學部と連攜した科目も用意。より視野を広げることができます。
日本語學科
Department of Japanese Language and Linguistics
國際社會とのつながりを考えた、日本語のエキスパートをめざす

日本國內や海外の日本語學校で
日本語を學ぶ人たちの役にたちたい

「私は」と「私が」。
その違いを外國人にわかりやすく説明するには

外國人に日本語をわかりやすく教えたい

若者言葉の「ウザい」は
もともと方言だった。

スマホの変換機能には
日本語の最新成果が使われていた!

テレビ、雑誌、SNSで使われることばが気になる

顔文字やLINEスタンプも
「ことば」なのだろうか

國語科教員としての國語の魅力を伝えたい

國際的な視野で
深める日本語の先に、
どんなことばの海が
広がっているだろう

日本語には、古語から現代語、ドラマやインターネット?SNSなどで使われることば、地域や時代、世代の違いなど、多彩な研究対象があります。さらに文法論?音聲學?音韻論?語彙論?意味論?語誌?日本語教育學?日本語情報処理など、対象のとらえ方も多様です。
日本語學科では、こうした日本語の持つ様々な特徴や性質に、學問的?理論的観點からアプローチします。また、國內外で増え続ける日本語教育等のニーズにこたえ、學ぶ側と教える側の両視點から日本語
習得のプロセスを理解し、日本語を科學的に分析する手法も修得します。
日本語のエキスパートとして、グローバル社會で活躍できる人材を育みます。
多彩なアプローチを通して
日本語そのものを深く探究する
1 年次では、まず研究の手法や日本語データの加工処理など、學びの基礎を養成。2 年次以降は、言語の歴史や現代語の研究、資料研究など様々な角度から日本語にアプローチし、ことばを用いたより良いコミュニケーションを考えていきます。また異文化コミュニケーション學科と共有する専門科目により、異文化や諸言語の理解を通した國際的視點で日本語を探究していけます。
海外での日本語教育実習や日本語の
プロによる協力講座を実施
日本語を母語としない人に教える日本語教師をめざす人向けに、「日本語教育実習」を韓國(約2週間)や、カナダ(約6週間)で実施。この他にも、メディアや言語研究機関で日本語學のプロの現場にふれる「日本語學応用実習」があります。また、新聞校閲やナレーションのプロなどによる協力講座など、多彩な學び方を提供します。
めざす進路や興味分野に応じた
7つの履修モデル
國際的な視野をもとに日本語を科學的に探究するために、學科では7つの履修モデルを想定しています。進路や學問関心に合わせて専門性を高め、身近な日本語への深い知見を涵養します。
國語教員志向型
中學校、高等學校の國語教員免許取得をめざすモデルです。教職課程の単位修得と並行しながら、古典語?現代語の幅広い教養を身につけ、日本語の奧深さと面白さを生徒に伝える能力を磨きます。
日本語専門職志向型
日本語の深い理解と造詣を背景にした専門職をめざすモデルです。校閲、ナレーション、放送、演劇など活躍の道は多彩。協力講座で見聞する第一線の人々のことばにも大きな學びがあるはずです。
社會言語學重點型
誰もが使うようになった業界ことば、交通網の発達によって広がったことばなど、言語と社會の驚くべき関係性をひも解くのが社會言語學。音聲學や統計學の手法も駆使し、科學的に探究していきます。
コーパス日本語學重點型
例えば、“卵”“玉子”“たまご”の使い分けとは?膨大なデータを蓄積した日本語コーパスを活用し、古典から現代に至ることばの変遷を探究。日本語の全體像を知るとともに情報処理能力もつきます。
古典日本語重點型
古代から現代に至る日本語がどのようなメカニズムで変化してきたのかに関心を持つ人向けのモデル。文法の変化や、発音の変化による仮名遣いの混亂などを考察します。
日本語教師志向型
國內や海外で日本語を學ぶ人々に、ことばの意味や文法、表記などをわかりやすく伝える技術を學びます。一定以上の単位を修得すると、日本語學校就職時に提示できる修了証を発行します。
多言語學習重點型
日本語の言語學的な探究とともに、英語?ドイツ語?フランス語?ロシア語?スペイン語?中國語?アラビア語など多様な言語の學びを選択。語學力をつけると同時に、比較文化的な視點も養います。
異文化コミュニケーション學科
Department of Intercultural Communication
複數の外國語(英語プラス1言語)を身につけ、國際社會を多面的に理解する

鍛えた英語力を駆使して
將來は國際的ビジネスを

日本の中にある異文化と
どう共生していけばよいだろう

ダンスやからだの表現は
何を伝えるだろうか?

地球は広い。現地に飛び込んでこそ、
取り組むべき問題が見えてくる

フランス語、スペイン語、中國語?????
ことばが話せれば、世界はぐんと身近になる

日本の文化を
海外の人に伝えたい

世界の國々の文化に関心がある

幅広いコミュニケーション力をつけたい

異文化を肌で感じ、
深く理解するために
本當に必要な力を
どう學びとるべきだろう

國內外ともに急激なグローバル化が進む現在、世界の諸文化の多様性と普遍性を知り、深い理解と共感を持ってコミュニケーションできる地球市民としてのあり方が広く求められています。
2020 年度新設の異文化コミュニケーション學科は、多彩な言語を學びつつ、全員が留學を體験。世界の地域や文化への知識を深め、幅広いコミュニケーション力をつけることで、貿易や観光、運輸、マスコミ、國際関係機関など國際的コミュニケーション力を必要とする様々な分野で活躍できる人材をめざします。

異文化を肌で感じ、
深く理解するために
本當に必要な力を
どう學びとるべきだろう

留學前に基礎から學ぶ多文化と
コミュニケーション
言語の習得だけではコミュニケーションは成り立ちません。1 年次には日本と世界の文化を基礎から學び、國際社會の多様性を把握します。また「ことば?身體?映像」では身體表現や映畫?音楽など言語を介さないコミュニケーションについても學修。留學先での円滑なコミュニケーションと異文化理解を助けます。
英語ともうひとつの外國語、複數の言語を
使いこなせる力を身につける
英語の他、全員が、中國語?コリア語?スペイン語?フランス語?ドイツ語から希望の言語を履修。留學先として選択した外國語は高度な運用能力、もうひとつの外國語も十分な意思疎通ができるレベルの力を身につけます。加えて教養科目のインドネシア語?アラビア語?ロシア語?イタリア語、専門科目のチェコ語?ベトナム語を履修することで、さらに語學力に磨きをかけることができます。
異文化體験と語學力強化をめざし
世界各地の大學へ2年次前期の全員留學
2 年次前期には、全員がアメリカ?カナダ?中國?韓國?メキシコ?フランス?ドイツなどに留學します( 4~5か月間を予定)。その準備として1 年次後期は留學先の言語を強化。英語圏に留學する場合は英會話スクールとして定評のあるベルリッツ(Berlitz)の講師によるサポートも用意しています。帰國後は発表やディスカッションを通した「異文化交流ワークショップ」で、互いの異文化體験を共有します。また複數回の留學に関してもきめ細かくサポートします。
関心のある領域をコアにして
地球市民としての視野を広げる3 つの専門科目群
留學で身につけた外國語力をベースに、実踐的コミュニケーション能力や、世界を複眼的に見る視點を養うため、外國語科目以外に3 領域の専門科目群を數多く用意。興味や目的に合った科目を自由に組み合わせて選択できます。各領域を橫斷的に學ぶことによって、異文化を真に理解し、新たな課題を発見できるカリキュラムです。
地域
世界各地の特色を深く探究
北米?ラテンアメリカ?ヨーロッパ?アジアなどの各地域について基礎から詳しく學修。さらに地域とテーマを絞った研究に進みます。留學先での経験をより発展した學びに結びつけることができるほか、世界各地の特性を知ることで、グローバルな問題について理解できます。
授業科目の一例
世界の文化を知る」「地域研究」「テーマ研究」
文化
橫斷的に異文化を理解
人々の移動や交流は世界をどう変えてきたのか? 地域や國を越えた文化の広がりを學びます。思想?宗教?環境?多文化共生などをキーワードに、歴史と現代文化を學び、多文化が交錯する現在の世界を読み解いていきます。文化の多様性と共通性を深く考えます。
授業科目の一例
「文化の衝突と融合」「思想と文化」「越境する文化」
コミュニケーション
多様なコミュニケーションのかたちを知る
言語習得の仕組みやことばと社會の関係を知るとともに、ダンス、演劇、武道、映畫、音楽、寫真など非言語コミュニケーションの多様なあり方を學びます。映像や身體表現を通した體験?受発信型の科目も多彩。実踐的なコミュニケーション能力を高めます。
授業科目の一例
「ことばと心」「メディア文化論」「映像とコミュニケーション」
TOPへ
久久亚洲国产中文字幕