研究會等の開催 - 平成30年度

Ⅰ.研究會等の開催 - 平成30年度

◆ 定例研究會
第1回定例研究會
日時2018年5月8日(火)
12時20分~
平成30年5月8日(火)に、石原裕也所員により平成29年度會計學研究所実態調査報告として、徳島県?愛媛県における企業ブランド、製品ブランド及び地域ブランドに関する調査報告が行われた。報告では、小規模ながらも自社の強みとなる技術を備えた企業に対する工場見學やインタビュー調査を通じて、製造工場と顧客との関係、地元ブランドの製造や商圏、中小企業の集積による地域ブランドの展開、製品ブランドの付加価値向上の取り組みについて、いくつかの指摘がなされた。(國田)

※本実態調査は、平成30年3月15日から17日にかけて、大商硝子株式會社(徳島県鳴門市)、福壽醤油株式會社(徳島県鳴門市)、ツヅキボウ今治株式會社(愛媛県今治市)、株式會社オリム(愛媛県今治市)、千代の亀酒造株式會社(愛媛県喜多郡內子町)を中心に実施されたものである。
報告石原 裕也 所員
テーマ平成29年度會計學研究所実態調査報告
第2回定例研究會
日時2018年5月22日(火)
12時20分~
平成30年5月22日(火)に、菱山淳所員により定例研究會報告が、「ドイツにおける會計研究」と題して行われた。報告では、専修大學の長期在外研究員制度を利用し、ドイツ連邦共和國ケルン大學経済社會科學部で研究活動をする中で実感したドイツにおける研究や教育のスタイルについて詳細な報告が行われた。研究面では、特に、実証研究と制度研究との分化など日本の研究狀況と近似している點が指摘された。また、教育面では、簿記を起點としたカリキュラム體系、課題?テーマ型の講義、成績による選抜型のゼミなど、実際の講義計畫書を用いて説明が行われた。ドイツも日本も、會計基準の國際化やIFRSの導入という大きな課題に直面している。今回の定例研究會報告は、今後の日本の會計研究や會計教育の方向性を考える良い機會となった。(國田)
報告菱山 淳 所員
テーマドイツにおける會計研究
第3回定例研究會
日時2018年12月4日(火)
12時20分~
平成30年12月4日(火)に、石原裕也所員と山崎秀彥所員により平成30年度會計學研究所ラオス実態調査報告が行われた。報告では、ラオス國立大學でのシンポジウム「Current Status and Issues of Management and Financial Accounting in Laos」のセッションの様子を交えながら、ラオスの簿記や會計基準?IFRSの狀況が説明された。その他、商工會議所や財務省會計局、現地の企業であるBKNのインタビュー調査の報告も行われた。
※本実態調査は、平成30年8月7日から12日にかけて、ラオス國立大學、ラオス商工會議所、ラオス財務省會計局、ラオススポーツ?教育省、BKN Company Limitedを中心に実施されたものである。
報告石原 裕也 所員
山崎 秀彥 所員
テーマ平成30年度會計學研究所ラオス実態調査報告
第4回定例研究會
日時2018年12月18日(火)
14時50分~
平成30年12月18日(火)に、首藤昭信講師(東京大學大學院経済學研究科)により定例研究會報告が、「會計學研究の展開と非財務情報の重要性」と題して行われた。非財務情報の重要性が高まりつつある現狀を説明した上で、非財務情報の開示が情報作成者や利用者にとってどのような意義があるのかを、アメリカを中心とする學術研究の成果をレビューすることで明らかにするとともに、會計學の分析対象の拡大に対する課題が示された。特に、文書の可読性が投資家やアナリストの行動に影響を與え、そのような経済的帰結を考慮して、経営者は公表資料の可読性を変化させている可能性について指摘があった。
報告首藤昭信 先生
東京大學大學院経済學研究科
テーマ會計學研究の展開と非財務情報の重要性
◆ 公開講演會の開催
第1回會計學公開講演會
日時2018年7月3日(火)
10時45分~12時15分
會計學會の第一人者を講師に招いて開催される會計學研究所主催の公開講演會(前期)が、平成30年7月3日(火)に、生田キャンパスで開催された。今年度は、専修大學會計教育100周年?會計學科50周年の記念事業と共催している。今回は日本知的資産経営學會會長である古賀智敏氏(東海學園大學教授?神戸大學名譽教授)が、學部學生、大學院生、教員など約300名を前に、「変化の中での企業會計の系譜と発展-経済のグローバル化?ソフト化?多様化の中で企業會計はいかに変容し、また変容しようとしているか-」と題して講演した。企業會計の変化の4つの波と今迫り來ている第5の波について、企業を取り巻く環境や価値観の変容などの視點から具體的な説明がなされた。學生たちが企業會計の過去?現在、そして未來について考える大変貴重な機會となった。(國田)
場所生田校舎10號館10301教室
講師古賀智敏 先生
日本知的資産経営學會會長?國際會計研究學會元會長
東海學園大學経営學部教授?神戸大學名譽教授
演題変化の中での企業會計の系譜と発展
第2回會計學公開講演會
日時2018年10月16日(火)
10時45分~12時15分
會計分野の第一人者を講師に招いて開催される會計學研究所主催の公開講演會(後期)が、平成30年10月16日(火)に、生田キャンパスで開催された。今年度は、専修大學會計教育100周年?會計學科50周年の記念事業と共催している。第2回目となる今回は統合報告のスペシャリストである齋尾浩一朗氏(有限責任あずさ監査法人アカウンティングアドバイザリーサービス事業部?KPMGジャパン統合報告CoE/パートナー)が、「統合報告書を読んでみよう~企業の価値創造を理解する~」と題して講演した。學部學生、大學院生、教員など約350人が熱心に聴講した。現代企業にとって統合報告書がいかに必要であるのか、実際の企業の統合報告書を交えながら具體的な説明がなされた。齋尾氏は、「経営者が自分の言葉で企業の価値創造のストーリーを語ることが大切である」と強調した。これからの企業を擔う學生たちにとって大変良い機會となった。(國田)
場所生田校舎10號館10301教室
講師齋尾 浩一朗 氏
有限責任あずさ監査法人アカウンティングアドバイザリーサービス事業部?KPMGジャパン統合報告CoE/パートナー
演題統合報告書を読んでみよう~企業の価値創造を理解する~

Ⅱ.共同研究

テーマ     代表者研究員
管理會計の新展開継続伊藤和憲青木章通?巖田弘尚?梅田充(伊藤ゼミ博士後期課程3年)
財務報告の課題と展望継続奧西康宏內野里美?成岡浩一?大柳康司
原価計算の経営への適合性継続建部宏明谷守正行?西居豪
會計制度と會計基準継続柳裕治佐藤文雄?瓶子長幸?広川裕一(柳ゼミ博士後期課程2年)
簿記情報の可能性の検討継続國田清志石原裕也?櫻井康弘
企業の持続的価値創造を表す統合報告の研究新規植田敦紀椛田龍三?菱山淳?松本徹?松本佳子(椛田ゼミ博士後期課程3年)
久久亚洲国产中文字幕