研究會等の開催 - 令和元年度

Ⅰ.研究會等の開催 - 令和元年度

◆ 定例研究會
第1回定例研究會
日時2019年5月7日(火)
12時20分~
令和元年5月7日(火)に、國田清志所員により平成30年度會計學研究所実態調査報告が、「大阪取引所に関する実態調査-歴史的背景と現狀-」と題して行われた。報告では、明治新政府による大阪造幣局の設立の背景、V.E.ブラガの指導による複式簿記の導入の影響、大阪取引所の歴史的変遷と総合取引所の可能性などについて、いくつかの指摘がなされた。
※本実態調査は、平成31年3月14日から3月16日にかけて、獨立行政法人造幣局大阪本局?造幣局博物館、株式會社大阪取引所?OSEギャラリー(日本取引所グループ)、大阪企業家ミュージアム(大阪商工會議所)、適塾(大阪大學)を中心に実施されたものである。
報告國田 清志 所員
テーマ平成30年度會計學研究所実態調査報告
第2回定例研究會
日時2019年11月5日(火)
12時20分~
2019年11月5日(火)に、ラオス國立大學経済経営學部からの海外客員教授であるXayphone KONGMANILA特別所員により定例研究會報告が、「The Development of Accounting in Lao PDR」と題して英語で行われた。ラオスの経済狀況を概観した上で、ラオスの會計基準や會計制度の発達について、1975年から現在までの流れが詳細に説明された。會計法や會計規制による時代區分を用いてラオス會計の展開を明らかにするとともに、會計士の役割やそのあり方について言及された。また、上場企業におけるIFRSの適用について今後の方向性に対する問題が提示された。
※Xayphone特別所員は、専修大學社會知性開発研究センターの研究拠點のひとつである「複式簿記普及事業推進研究センター」のメンバーでもあり、ラオ語による簿記テキストの開発とラオスでの簿記検定試験実施の支援にも參加されている。(國田)
報告Xayphone KONGMANILA特別所員
テーマThe Development of Accounting in Lao PDR
第3回定例研究會
日時 2020年1月21日(火)
12時20分~
2020年1月21日(火)に、梅田充所員(専修大學商學部助教)により定例研究會報告が、「インタンジブルズが企業価値に及ぼす影響-戦略とマネジメント?コントロールシステムに焦點を當てて-」と題して行われた。企業価値とインタンジブルズの関係性を明らかにするにあたって、価値創造プロセスに戦略とマネジメント?コントロールを取り入れたモデルをもとに、7點リッカート法による調査結果の分析が報告された。
仮説の検証を通じて、結論として次の2點が示された。①「理念とビジョンの浸透」が他のインタンジブルズに影響を及ぼす理念?ビジョンを浸透させることで、従業員を戦略へと方向づけすることができる。②探索型企業と防衛型企業とでは、企業価値に影響を及ぼすインタンジブルズが異なる。探索型企業は市場機會探索のためイノベーションが、防衛型企業は市場維持のためにレピュテーションの構築が重要となる。
最後に、両利きの経営の測定方法やどのようなインタンジブルズが企業価値に影響を及ぼすのかについて今後の課題が示された。(國田)
報告 梅田 充 所員
テーマ インタンジブルズが企業価値に及ぼす影響-戦略とマネジメント?コントロールシステムに焦點を當てて-
第4回定例研究會
日時 2020年2月4日(火)
12時30分~
2020年2月4日(火)に、浦上哲平氏(かがやき稅理士法人?株式會社経理バンク)により定例研究會報告が、「ラオス概況と簿記プロジェクト」と題して行われた。まず、ラオスの最近の経済狀況について経済特區の制度や日本からの進出企業を事例に説明が行われた。そして、ラオスでの簿記普及プロジェクトの経緯や過去にラオスで実施された簿記セミナーのアンケートや試験について分析結果が報告された。
現在、浦上氏は2019年10月1日に専修大學の社會知性開発センターに設置された複式簿記普及事業推進研究センターのオブザーバーでもある。なお、専修大學會計學研究所は、専修大學、ラオス國立大學、ラオス経済経営學部、川崎商工會議所、ラオス商工會議所との6者協定にもとづき、本プロジェクトを支援している。
研究會報告では、簿記セミナー受講者の屬性と受講料などの関係、開催場所における受講者の屬性と産業立地との関係など、いくつか興味深い指摘がなされた。また、簿記セミナーの修了テストにおける設問別正答率について具體的な報告が行われた。最後に、簿記普及のための仕掛け(インセンティブ)や教育機會を拡大する必要性が示された。
今後、ラオスに複式簿記を浸透させるために、現地の幅広いニーズをどのように簿記教育や検定試験実施へと繋げていくのか、その方向性や具體的な施策を考える良い機會となった。(國田)
報告 浦上 哲平 氏(かがやき稅理士法人?株式會社経理バンク)
テーマ ラオス概況と簿記プロジェクト

◆ 公開講演會
第1回公開講演會
日時2019年7月2日(火)
10時45分~
會計學の第一人者を講師に招いて開催される會計學研究所主催の公開講演會(前期)が、2019(令和元)年7月2日(火)に、生田キャンパスで開催された。今回は日本管理會計學會顧問である辻正雄氏(名古屋商科大學大學院教授?早稲田大學名譽教授)が、學部學生、大學院生、教員など約330名を前に、「非事業用資金が収益性に與える影響」と題して講演した。1980年代からの日米企業の比較分析から抽出された課題をベースに、非事業用資産について特に長期的視點からの実証分析による具體的な説明がなされた。最後に企業価値向上のためのいくつかの具體的な指針が提示された。學生たちが會計にとどまらず企業経営についても考える大変貴重な機會となった。(國田)
報告辻 正雄 先生
(名古屋商科大學大學院教授)
テーマ非事業用資金が収益性に與える影響
第2回公開講演會
日時2019年10月15日(火)
10時45分~
會計學の第一人者を講師に招いて開催される會計學研究所主催の公開講演會(後期)が、2019(令和元)年10月15日(火)に、生田キャンパスで開催された。今回は國際會計基準審議會(IASB)の前理事である山田辰己氏(中央大學特任教授)が、學部學生、大學院生、教員など約360名を前に、「國際財務報告基準(IFRS)の動向」と題して講演した。日本におけるIFRS採用の現狀やIFRS財団の組織?IFRSの構成を概観し、概念フレームワーク、原則ベース、資産負債アプローチ、包括利益と當期純利益、のれんの減損?非償卻など重點事項に絞って説明がなされた。また、IFRS第15號「収益認識」とIFRS第16號「リース」についても具體的な設例を使ってポイントが説明され、最後に會計が抱える課題が示された。私見を交えたとても分かりやすい説明で學生たちが企業會計の今とこれからを考える大変貴重な機會となった。(國田)
報告山田 辰己 先生
(中央大學特任教授?元國際會計基準審議會(IASB)理事?國際統合報告評議會(IIRC)アンバサダー)
テーマ國際財務報告基準(IFRS)の動向

II.共同研究

テーマ     代表者研究員
価格と原価の関係性新規谷守正行建部宏明?梅田充
會計制度の比較研究新規柳裕治佐藤文雄?瓶子長幸?広川裕一(柳ゼミ博士後期課程3年)
原価計算の今日的意義新規青木章通伊藤和憲?巖田弘尚
財務報告の変革とその経済的影響新規奧西康宏內野里美?成岡浩一?大柳康司
東アジアの會計制度と會計基準新規國田清志石原裕也?櫻井康弘?サイポン?コンマニラ(特別所員)
企業の持続的価値創造を表す統合報告の研究継続植田敦紀椛田龍三?菱山淳?松本徹?廣瀬哲雄(椛田ゼミ博士後期課程2年)?川津大樹(椛田ゼミ博士後期課程2年)
久久亚洲国产中文字幕