【SDGs】社會知性を開発するキャリアデザインPBLプログラム

キャリアデザインセンター(キャリアセンター事務部キャリア形成支援課)

全學的な取り組み用寫真【20200403 from キャリア形成支援課 佐々木】
 キャリアデザインPBLプログラムでは、現実の問題?課題に対して(あるいは問題を見つけるところから)、個人またはグループで、その課題を達成するためのアイデアの創出、計畫立案、実現などに取り組む。プログラムを通じて「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」などの社會人基礎力を養成し、社會知性の開発へと繋げる。
 當プログラムは3つのプログラム(①課題解決型インターンシップ、②リーダーシップ開発プログラム【正課と課外のハイブリッド教育】、③ベンチャービジネスプログラム)から構成されている。

①は學生を20チーム程度に分けて企業、各種団體、商店會などで8か月ほど課題解決に挑む経験の中で社會化を促すことを目的とする。

②は毎週の授業(講義やロールプレイ)と學外でのチーム活動(受け入れ先は①と同様)を往復することで學びを深化させ、內省による學びの定著を図る中で多様なリーダーシップを體得させることを目的とする。

③は卒業生起業家などによる課外講座においてアイデアの発想法を教授し、學生が考えたビジネスプランを競う學內コンテストを実施する一連のプログラムで、起業家や起業支援の専門家の講評を受ける中で、アントレプレナーシップの萌芽を促すことを目的とする。

 これらはターゲット4.4に該當する。また、チーム編成においては學年?性別による區分をせず、ジェンダーギャップを排除するスキームを実現しており、ターゲット4.5にも該當する。
 一連のプログラムを通じた學びや成長は卒業後に社會に還元されることを前提としており、専修大學の21世紀ビジョン「社會知性の開発」の実踐でもある。
【カテゴリー】教育
【取り組み主體】その他:キャリアデザインセンター(キャリアセンター事務部キャリア形成支援課)
【取り組み形態】その他:3つのプログラム(①課題解決型インターンシップ②リーダーシップ開発プログラム【正課と課外のハイブリッド教育】③ベンチャービジネスプログラム)から構成
【SDGsアイコン】04質の高い教育をみんなに
【SDGsアイコン】08働きがいも経済成長も
【SDGsアイコン】17パートナーシップで目標を達成しよう
久久影院-国产久久亚洲美女久久