【SDGs】視覚に対する一部の障がいを抱えた人への配慮した講義資料

経済學部 小川 健

【SDGs】E 小川先生:視覚に対する一部の~PHOTO
 4.aを考えると、視覚障がい者対応を授業教材などでも求められる必要がある。
 そのため、少なくとも現在知られている障がいの中で、比較的良く知られている「赤」に対する色の不自由は考えてスライド等を作らないと、強調対応などが分からなくなってしまうが、よく言われる単純にオレンジにすると、卻って強調が薄れて見難くなってしまう危険性がある。そこで、ギリギリの線としてRed:255, Green:51, Blue:0という「赤橙」を赤の代わりに利用し、赤に対する不自由を対処しながら、赤で実際に強調したい部分の目的も達し、多くの受講生は「赤」と感じながらも、赤に不自由を持つ人も強調が分かるように、という取り組みを始めている。
 また、明朝體等のフォントに対する障がいを抱える人もいるので、取り組み中であるがそうした障がい者対応を果たしたフォントとして開発された「UD(ユニバーサルデザイン)デジタル教科書體」に、単位認定をかけた小テストの95%の文字は対応を果たし、講義スライドも少しずつUDデジタル教科書體への移行を進めつつある。
【カテゴリー】教育
【取り組み主體】個人
【取り組み形態】授業(ゼミナール活動含む)
【SDGsアイコン】04質の高い教育をみんなに
久久影院-国产久久亚洲美女久久