【SDGs】環境経営論

経営學部 小沢 一郎

【SDGs】「教育」共通アイコン
 現代において,「國」という括りを越えたパワーを持つ「企業」という存在を認識した上で,企業が持つ責任として,単に株主に対する利益還元という視野狹窄に陥ることなく,社會的責任と世界的責任を踏まえた企業経営行動が必須である。

 現狀のような地球環境にしてしまった行動主體の多くは企業と言って良く,今こそ「サステナビリティ」の考え方に基づく企業経営,すなわち「環境経営」が必須となっている。ただ,全ての企業にこの思考が定著しているか,或いは理想には共感していても実行が伴っているかと問えば,必ずしも理想通りには進んでいない。當面の利益捻出との兼ね合いに苦しむ経営者が多い現狀もある。

 本講義では,企業の環境経営に係るケース?スタディや,環境経営に関する各種表彰の受賞製品&サービス研究について學生達に取り組んでもらい,「環境経営」についてグループディスカッションやプレゼンテーションを通じて能動的に學びあう環境を提供している。
【カテゴリー】教育
【取り組み主體】學部?學科:経営學部
【取り組み形態】授業(ゼミナール活動含む)
【SDGsアイコン】06安全な水とトイレを世界中に
【SDGsアイコン】07エネルギーをみんなにそしてクリーンに
【SDGsアイコン】09産業と技術革新の基盤をつくろう
【SDGsアイコン】12つくる責任つかう責任
【SDGsアイコン】13気候変動に具體的な対策を
【SDGsアイコン】14海の豊かさを守ろう
【SDGsアイコン】15陸の豊かさも守ろう
久久影院-国产久久亚洲美女久久