日本拳法部



日本拳法は、昭和7(1932)年、澤山勝(宗海)が初めて防具著裝による実踐拳法を創始したことに始まる。安全な防具を著裝することで、突き、蹴り、投げ、逆捕りの全ての実踐練習が可能となった。日本拳法は、格闘技の神髄を追及することを目的として誕生したのである。剣道の防具に似た面と胴を著用し、拳(こぶし)にはボクシンググローブをはめる。名前は日本拳法だが、防具は和洋折衷の合理的な武道である。空手と柔道をミックスしたような格闘技といえば理解しやすいだろう。
本學、日本拳法部は、同好會として発足してからちょうど40年。部への昇格をひとつの道しるべとして、大學武道の王道を貫きながら、東日本學生拳法連盟の一員として、より多くの人々に、この武道の本質を理解してもらえるよう努力している。

部  室:第1自治會館2階
練習場所:生田校舎第1體育館ボクシング場
練習時間:月~金曜日 16:30 ~ 18:00ほか

日本拳法部ニュース(過去1年間)

年間スケジュール

4月?新入生歓迎會
5月?東日本大學生個人選手権大會
6月?全國大學選抜選手権大會
7月?矢野杯
8月 
9月?夏季強化合宿
10月?東日本大學選手権大會
?東日本大學形選手権大會
11月?東日本大學新人戦
?全日本學生選手権大會
12月 
1月?卒業生送別會
2月 
3月?春季強化合宿

関連情報

日本拳法連盟
久久影院-国产久久亚洲美女久久